GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

GNフラッグⅡ(ユニオンフラッグ次世代試験機)
  • 356
  • rating_star3
  • 0

GNフラッグⅡ(ユニオンフラッグ次世代試験機)

ユニオンフラッグ、オーバーフラッグ、ユニオンフラッグカスタム

トプ画に載せる用に蒼いユニオンフラッグカスタムを作る予定でしたが塗装大失敗につきオーバーフラッグとのニコイチで新しいフラッグを作りました
急造のユニオンフラッグカスタムⅡでの反省を踏まえ、GN粒子の特性を活かした新主力機を目指して開発された試作機。
擬似太陽炉は右腕のディフェンスロッド装着部に移動。
粒子供給の大部分が火器に振られており、機体そのものの動力は従来機と同様分子レベルで機体に浸透させた水素で賄っている。
GN粒子の特性で軽量化&浮遊した機体をジェットエンジンで移動させる為、移動速度は主力機ジンクスに劣るがフラッグ系列機が持つ優れた機動性は健在でフラッグに乗り馴れたパイロットが扱えばその戦闘力はジンクスにも引けを取らない。
これまで気休め程度だったディフェンスロッドも擬似太陽炉から発するGN粒子と併用する事で防御力が向上した。
この為、総合性能は従来機よりも格段に向上したと言えよう。
しかし………
ユニオンフラッグと名乗ってはいるが背部を見れば分かる通りオーバーフラッグスの特務仕様機に使われた部品を多分に使用しておりこの機体を量産するには無理があると思われる。
頭部もツインアイに換装可能だがそれでもビーム兵器の運用にはあまり向いておらず新たに組まれた照準システムも十分に機能しているとは言えない。
開発を指導していたカタギリ技術主任が一身上の都合(女)で開発から身を退いた事も重なり結局量産化はされず、フラッグ系列機の生産ラインも後を追うようにして次々と閉鎖されていった。
アピールショットはまだまだ続きます。
アピールショットⅡで擬似太陽炉の裏に収納されていたビームサーベルはスローネアインのサーベル同様にケーブルで粒子を供給しなくても短時間なら大出力で展開が可能でジンクスのビームサーベルにも対抗できます。
あのアイリス社製試作リニアライフルも使用可能。中〜長距離はフルチャージしたリニアライフル、近距離ならビームライフルで対応。これで射撃戦も問題無し!
「夜は焼肉っしょ‼︎アッハッハッハ‼︎」
スローネアインのGNランチャーを紙一重で躱すGNフラッグⅡ。
きっとシュミレーターで戦ってるんでしょう
最後はチャージしていた大出力ビームサーベルで一気にフィニッシュ!
短時間(12秒)しか展開出来ないので使うタイミングはパイロット次第です。

人呼んでS12K専用フラッグ!是非暇つぶしで見て行って下さい。

コメント0件