GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-X10 ガンダム ウラヌス
  • 1097
  • rating_star48
  • 12

ASW-G-X10 ガンダム ウラヌス

ASW-G-X10 ガンダム ウラヌス
ラスタル指導のもと計画されたガンダムフレームXナンバー計画にて10番目に開発された機体。になるハズだった…。
研究所から反政府ゲリラによりガンダムフレームは強奪され、開発技術者は抹殺されてしまった。
ゲリラ組織所属で元・歳星出身の技術者が歳星にあったバルバトス、グシオンのデータから機体を完成させた。
パイロットは「アグニカ・カイエル」。300年前の英雄と同名だが本人かどうかは不明。しかし、彼の人柄や剣技は実際のアグニカを知らぬ者でも彼がアグニカであると認識させる。

機体は彼に合わせ機動性を強化し二振の剣のみで銃火器等は装備していない。
コクピットは彼に合わせGHでは禁忌とされている阿頼耶識システムを装備されており、ウラヌスと一体化になる事で無双の強さを発揮する。

奪取する前はガンダムフェイスだったが、GHの象徴となりつつあるガンダムを「狩る者」としてゲリラ組織により別の意匠に変更させられた。また、変革する者にふさわしい白を基調としたデザインになっている。左肩にはゲリラ組織の象徴となる「鉄の華」がペイントされている。
後部に翼状のスラスターとバーニアが装備されており、高速での移動や単独での浮遊や飛行が可能である。
ガンダムバエルに模して電磁砲も装備する予定だったがパイロットであるアグニカの意向によりバエルに装備されていた電磁砲はウラヌスには装備されていない。
クレイモア、無銘
バエルソードと同様の特殊超硬合金製の大剣。頑強なモビルスーツをフレームごと切断するほどの切れ味を誇る。バエルソードより大型な為、腕部はバルバトスルプスのデータを流用し強化されている。
腰部スラスターにソードホルダーが設置してあり剣は両腰に収まっている。
「まさか300年の刻を超えて貴殿と合間見えるとは皮肉なものだ…。」

ようやく塗装ができました。

コメント12件

  1. こばたく 1週間前
    • ヒツジ 1週間前
  2. ΔⅡ 2週間前
    • ヒツジ 2週間前
  3. 11時30分26秒になりました 2週間前
    • ヒツジ 2週間前
  4. kou 2週間前
    • ヒツジ 2週間前
  5. @Maru_Iruka 2週間前
    • ヒツジ 2週間前
  6. マッシブ♪ 2週間前
    • ヒツジ 2週間前