GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ユニコーン辟邪
  • 497
  • rating_star8
  • 2

ユニコーン辟邪

ユニコーンガンダムカラーで辟邪を塗装しました。
塗装の苦手な所がモロに響いてクリアレッドのスミ入れが太すぎたり、ムラがあったりしていますがなんとなくお気に入りの機体です。

設定としては
ニュータイプデストロイヤーならぬ阿頼耶識デストロイヤーを搭載した試作運用実験機で、驚異的な反応速度で動く阿頼耶識搭載機に対抗するため一部の軍事学者が作ったシステムにより駆動制御を行っており、阿頼耶識搭載機のエイハブウェーブを感知すると機体のリミッターが緩み限界ギリギリの挙動を可能とします。
ただしその間、モロにパイロットへ負荷が掛かるのであまり長時間連続しての運用は想定されていません。
センサー系には厄祭戦以前のデータから発掘されたRX0と呼ばれる機体のデータが用いられています。
また、ソフトの改修にともないテイワズフレームを発掘された素材で強化した結果、起動時に赤い光を放つようになりました。

スラスターの内側は黄色い色が多めに残っています。噴射剤の熱で塗装が剥げ、ベース機の色が露出している......というとそれっぽいですがうまく色を載せられなかっただけです。
エイハブ粒子を圧縮、弾に纏わせて照準により補正をかけ的中率を上げる速射ライフルです。
左手に持っているのはナノラミネート弾を回転させながら連射するDodsマシンガンです。
回転機構はやっぱり発掘データ参照です
唯一の近接武器はγ-ナノラミネート塗料でコーティングされたナタです。
アリアドネ周辺で拾得されたダンタリオンの装甲破片を基に開発されました。
友人とガガーっと組んだので制作中の写真がありません......申し訳ない

ユニコーンっぽいカラーリングの辟邪です。

コメント2件

  1. メロン 1週間前
    • @uniyama126 1週間前