GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

RX-177C ガンキャノンMk-ii

RX-177C ガンキャノンMk-ii

RX-177C ガンキャノンMk-ii
一年戦争時に試作されたガンキャノンの後継機
ティターンズ側の戦況悪化に伴い急遽作られた機体で、生産数はそれほど多くない。
ゼダンの門に配備されていたが、アクシズの攻撃によりすべて破壊されてしまった悲運の機体である。

機動力の高い機体が多くなるなか廃れていった砲撃機であったが、その攻撃力は目を見張るものがあった。
そこに目を付けたティターンズが、エゥーゴやアクシズに対するカウンターとして作ることとなった。
外観は一瞥するとRX-178「ガンダムMk-ii」そのものだが、内装は重装備に耐えられるよう新材質で作られたフレームを採用している。

バックパックにはキャノンユニットを装備。廃熱機器兼スラスターが増設され、機動力の低下は抑えられている。キャノンは2連装ショートバレルビームキャノンを装備、フレキシブルに稼働できる。

・ビームライフル(Type-A)
ガンダムMk-iiのビームライフルを改装した武装。
ロングバレル化させたことで長距離への攻撃も可能な威力となっている。

・2連装ショートバレルビームキャノン
砲の左右にセンサーを装備した試作型キャノン。フレキシブルに動くため様々な箇所へ攻撃可能である。

・ショートシールド(2連装ビームガン)
機動力低下を抑えるため小型化されたシールド。裏には牽制用にビームガンを装備している。

・ビームライフル(Type-B)
地球連邦軍が使っていたNRX-044「アッシマー」の大型ビームライフルを参考に試作された武装。
Eパックの実装がなされており継戦能力が向上しているが命中精度には難がある。

・ビームサーベル
あくまで砲撃支援用のため多く使うことは考えられていないため、予備的に装備されている。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント0件