GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムDX/ゼルフィカール

ガンダムDX/ゼルフィカール

妄想世界のガンダムXパゼラード、シャイニングホーネットに次ぐ、地球の3体目の高性能MSです。
ガンダムXバゼラードの上位機体としての位置付けとなります。
異星人の指揮官機に対抗するため、コスト度外視で造られた最新機。
コンセプトは、
【対多数戦闘で遅れをとることなく、対単機戦闘において最高の性能を有する機体】
としており、実際に異星人の指揮官機を相手に、互角以上の戦闘をこなすほどの機体に仕上がった様です。

スラストアーマーでフルアーマー化し、火力と機動力を向上させた攻・防・速の全てが最高のMSなのです。

軽装備状態のゼルフィカール。武装は、専用バスターライフル、マルチブレード、マシンガン(実弾)、ハイパービームソード×2となります。
機体のスペックが高いので、この状態でも一般機を相手にする分には、何も問題無しです。

こちらはフル装備状態のゼルフィカール。
専用バスターライフル×1
ハイパービームソード×2
セグメントライフル改(銃剣装備型)×4
攻性防盾システム×1
試作型光派射出器×1
スラストアーマー(TypeA×2、TypeS×4、TypeG×4)
となっており、スラストアーマーのTypeSとGは、シールド兼推進ユニットとなります。

本体とあわせて計20基ものスラスターを備え、過剰ともいえるほどの機動力を持つ。
このフル装備状態となったゼルフィカールは、その凄まじいGに耐えうるパイロットがなかなか見つからなかったほどピーキーな機体に仕上がった。
AMBAC機能も優秀で、急停止こそ出来ないが、高速状態からの起動変更もスムーズにこなしてしまう。

専用装備であるバスターライフル。
通常のビームライフルの出力を大きく上回り(一説によると、威力はおよそ1.7倍ともいわれる)並の機体であれば一撃で撃墜することが可能。出力の割に軽量なため取り回しがよく、非常に扱いやすい装備となっている。

ハイパービームソードは、バゼラードやホーネットのビームサーベルを改良したもので、本体を大きくすることでビーム発振器の出力を上げている。
ビーム刃も通常の2倍程になり(棒状の刃から板状の刃になった)溶断能力が向上した。
バゼラードはスラスターに装備されていたが、ゼルフィカールは本体に標準装備されるようになった。

セグメントライフルは、バゼラードと同じく4挺装備するが、銃剣を装備したことにより、近接戦闘への移行も可能となった。銃剣は実体刃となっているので、相手の剣戟をシールド代わりに受け流す事が多いようだ。切断よりもむしろ突刺能力に優れているため、機動力(突進力)を活かした攻撃が有効で、機体性能の相性は抜群である。

攻性防盾システムは、盾に偽装したワイヤーアンカー。3本爪のクローで敵を捕縛して引き寄せる武器。スラストアーマーが盾としての機能も果たしており、防御面での不安は無いため、防盾としての機能はない。
捕縛状態ならば、高圧の電撃を放つことも出来るため、搭乗者へのダメージを与えることも出来たりする。

試作型光派射出器には2つのモードがあり、こちらは斬撃モード。両刃の大剣で、戦艦クラスの機体をも切断することが出来る。サブアームで使用するので、結果4つの火器を同時に使用することが可能なのだ。

光派射出器射撃モードは、戦艦のハイパーメガ粒子砲に匹敵する破壊力を持つ。簡単な変形で両形態へ移行することが可能なため、相互移行時間は極めて短く(1~2秒未満)他の火器を絡めた単機での連携攻撃が脅威。
これらの複合火器を、タイムラグなく連続で使用できる事が、ゼルフィカールを最強たらしめているのだ。

各種スラストアーマーを複合合体させて、ブラストシールドを2基つくることが出来る。
スラスターが集中しているので、高速移動時や、火力の高い射撃を防ぐときなどに有効。
こちらへのモードチェンジも速く、本体との着脱はスイッチ1つで高性能AIが最小軌道で行う。

サブアームは、マルチブレード等に換装が出来るので、アンカーがいらないときなどはこちらで出撃することも多い。

以上、ガンダムDX/ゼルフィカールでした。
バゼラードの時からずっと製作したかったので、とても楽しく作ることが出来ました。

最後までご覧いただき、有難う御座いました。

コメント0件

HIROPAPAさんがお薦めする作品0件

  • アメイジングゴッドデスティニー

  • ガンダムエクス・ジュリア

  • グラハムガンダム【極】