GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-X10   ガンダムシーヴァ

ASW-G-X10 ガンダムシーヴァ

初投稿です。https://gumpla.jp/tag/ガンダム・フレームxナンバー計画に参加させていただきます。

「マクギリス・ファリド事件」以後、世界は安定しつつ緩やかに平和に向かっていた。
しかし平和に向かいつつある世界においてもいまだ脅威を完全に取り除くことはできていない。
ギャラルホルンに敵対する武装勢力、非合法組織は数知れない。
監視の届かない暗黒のその先――圏外圏において暗躍する者は確かに存在する。
ラスタル・エリオン主導の下、民主的な組織として再編されたギャラルホルンも平和を守るために動き出す。

新たに示された平和を消させぬためにラスタルはある計画を始動させた。
「ガンダム・フレームXナンバー計画」
世界に残された厄祭戦の遺物「ガンダム・フレーム」をギャラルホルンの下に回収し
その強大な力を再び人類の守護と繁栄のために用いる計画である。

ギャラルホルンの総力を用い、厄祭戦後に所在が確認されている26機のガンダム・フレームのうち
18機までを旗下に収めることが叶った。
その中のおよそ半数の機体はすでにロールアウトされている。
ラスタルは命名した。
駆逐すべき天使ではなく、彼らの対となる悪魔でもない。
偉大なる神々の名をその身に冠させる。

希望は灯された。
ギャラルホルンが新たに導く世界の明日はどこへ向かうのか。
深い夜の闇は今まさに動き出さんとしている。
新たなる灯は世界を再び混迷へと誘う戦いの狼煙となるのか?
平和を勝ち取り、人々の願いを背負う星となるのか?
宇宙に放たれた願いの先、その刹那の輝きの果てを知る者はいない。
いつか何処かへと信じ、錦の御旗を掲げる――。

ASW-G-X10 ガンダムシーヴァ

〜〜〜設定〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ガンダム・フレームXナンバー計画の10番機。名前の由来はインドの破壊の神
「シヴァ」である。
「世界の破壊の連鎖を断ち切る」ということで「シヴァ」の中心を切り、
「シーヴァ」と名付けられた。

10番機だか、開発中のアクシデント
(Xナンバー奪取)により、初期パーツが破壊され、実際のロールアウトはX20より数ヶ月後になった。

シーヴァは世界の破壊の連鎖を断ち切れるのだろうか。

正面画
鉄華団から押収したガンダムバルバトスのパーツが下半身に多く使われている。シーヴァはもともと近接戦前提に作られているので、接近されすぎると右肩のガトリングを使用し間合いを取る。

右肩のガトリングはトリスタンの余剰を使いました。あとこのシーヴァ、無塗装です。肩はM1アストレイみたいですがチャンとガンダム・フレームです。え?ガンダムフレームじゃない?グシオンリベイクのフレームですよ!?

トリシューラ
三又の槍で、シーヴァを象徴する武器。近接武装だか、リーチが長いため中距離からも攻撃することができる。

銃剣ダマル。シヴァの太鼓の名前から取られた。銃モードはシーヴァの数少ない遠距離武装。剣モードは取り扱く、兄弟機も装備可能。

もっと改造上達するよう努めていきます!

コメント0件

URさんがお薦めする作品0件

  • ASW-G-X08 ガンダムアストライオス

  • ASW-G-X10 ガンダムシーヴァ

    • UR
    • 3週間前
  • ASW-G-X18 ガンダムオルフェウス