GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

インフィニットジャスティスガンダムリバイブ

インフィニットジャスティスガンダムリバイブ

旧HGのインフィニットジャスティスガンダムに独自設定を盛り込んで、超高性能MSへと変貌させました。
今回のモチーフは、仮面ライダーゲイツリバイブです。剛烈と疾風の2つのモードも、上手く再現してみました。

機体名:インフィニットジャスティスガンダムリバイブ
全高:18.90m
重量:84.67t
インフィニットジャスティスガンダムがDG細胞に感染した事で、変貌を遂げた強化形態。略称は、ジャスティスR。
パイロットは、アスラン・ザラ。※ただし、IF版になります。

DG細胞の力を受けて、VPS装甲、機動力、出力など、あらゆる機体性能が大幅に強化されており、従来通り単独飛行も可能。
動力源のハイパーデュートリオンエンジンも、エネルギー生産量が大幅に強化されている。

従来のピンクを基調としたカラーリングはそのままに、肩部と腹部には赤みがかったオレンジが、胸部にはメタルブルーが、それぞれ追加されている。
頭部にも、ゴールドとシルバーのカラーリングが追加されている。

DG細胞を利用したドーピング機能が追加されており、パイロットの肉体にDG細胞が浸透させ、痛覚を鈍らせつつ、反応速度を引き上げる事により、負担とダメージを限界まで無視して、戦闘を続行する事が可能。
しかし、このドーピングは肉体のみならず、脳にもDG細胞が浸透する為、精神を好戦的な気質に変化させる危険性がある。
そして、長時間使用を続ければ、自我と精神の崩壊を招くだけでなく、最悪の場合は死に至る。特に、パイロット自身の、DG細胞の適合率と精神力の低さに比例して、DG細胞の脳への浸透濃度が高まっていく。
加えて、パイロットのアスラン・ザラは、適合率が低く、しかも優柔不断な性格な事もあり、相性の悪いシステムである。

これまで装備していた大型リフター「ファトゥム-01」は、「リバイブファトゥム」に変化。
ウイングのカラーリングも、上面はメタルブルーに、下面は赤みがかったオレンジに、それぞれ変化している。

そして本機の最大の特徴は、リバイブファトゥムの装着位置を移動する事で、パワーと防御に特化した形態「剛烈モード」と、圧倒的なスピードに特化した形態「疾風モード」という2つの形態を、自在にノータイムで切り替えられる点にある。

戦闘能力は両モードとも凄まじく、2つのモードを瞬時に切り替える事もできる。このスムーズさから、両モードの特性を最大限生かしたコンボを見せる事も可能。
ただし、DG細胞を使用するMSに共通する「MSが受けたダメージがパイロットにもフィードバックする」という欠点が存在する。
加えて、両モードともに「時間の流れを操作する」という特性があり、凄まじい力と引き換えに、パイロットに凄まじい負担を掛ける。

剛烈モード
リバイブファトゥムを背部に装着したパワー重視形態。
本機とパイロットの時間の流れを圧縮操作する事によって、ハーデスインパルスガンダム黄泉冥王に匹敵する凄まじいパワー・攻撃力・防御力を発揮できる。
「防御力を生かして肉を切らせて骨を断つ」戦法が可能になる。
また、受けた攻撃をそのまま自らの攻撃力に変換する機能を備えている。
防御力は、核ミサイルの直撃を受けても傷一つつかないほど凄まじい。
その攻撃力と防御力を生かして、未来を予測されたり敵に先手を打たれても、その防御力で耐えつつ強引に攻撃を通すことができる。
一方で、この形態でも、強化前のインフィニットジャスティスガンダムを上回る機動力と飛行能力を維持している。

疾風モード
リバイブファトゥムを装着位置を肩に移動したスピード重視形態。
本機とパイロットの時間の流れを延伸操作する事によって、宇宙・地上・空中を問わずフォースインパルスガンダムエクストリームに匹敵する凄まじい機動力と飛行能力を発揮できる。
その場に制止したかのような残像を残しながらの攻撃も可能。
なお、「時間の流れを操作する」という特性上、本機のスピードは単に「速い」という概念を超越しており、相手からの予測が困難になり、結果的に未来予知をも上回る次元を超えた高速移動を実現できる。
一方で、この形態でも、強化前のインフィニットジャスティスガンダムを上回るパワーと防御力を維持している。

武装は、インフィニットジャスティスガンダムと同様の、頭部に4門内蔵している機関砲、胸部に4門内蔵されている機銃、高エネルギービームライフル、腰部に2本マウントしているビームサーベル、両脚部に内蔵されている格闘戦用のビームブレイド、ビームキャリーシールドが変化した複合兵装「リバイブキャリーシールド」、背部の大型武装リフター「リバイブファトゥム」。

ビームライフルとリバイブキャリーシールドは、普段は本機の内部に粒子化して収納し、必要に応じて手元に召喚できるようになっている。

リバイブファトゥムは、推進力のみならず、武装の攻撃性能、突撃時の貫通力などが大幅に強化されている。

リバイブキャリーシールド
ビームキャリーシールドが変化したもので、本機の主武装として扱われる。
ビームブーメランとアンカーが使用不可能になった代わりに、大型ビームサーベルとビームシールドは引き続き使用可能。
ビームサーベル発振口には、大出力ビーム砲の機能を追加した事で、攻防一体の複合兵装に変貌を遂げている。
そして新たに、「剛烈ノコ」と「疾風ツメ」という2つの攻撃モードへの切り替え機能を獲得しており、本機の主武装として使用される。

剛烈ノコ
中央部から発生させるビームシールドの側面で、ノコギリのように扱って攻撃する。
発生するビーム刃は赤みがかったオレンジ色で、破壊力に特化している。
その一撃が放つ途轍もない破壊力は、戦艦クラスをも軽々と沈めてしまうほど。
さらに、これによる衝撃波だけでもPS装甲やナノラミネートアーマーを破壊するほどの威力を有する。

疾風ツメ
サーベル発振口から発振させるビームサーベルで、レイピアのように扱って攻撃する。
発生するビーム刃は水色で、斬撃力に特化している。
その凄まじい斬撃力は、たった一撃だけでも、PS装甲はナノラミネートアーマーすら紙のように斬り刻むほど。
その斬撃力と本機のスピードによる連続攻撃は、たった1秒で40機以上もの数のMSを破壊してしまう。

インフィニットジャスティスガンダムリバイブの力を手に入れる前、アスランは、オーブの支配を目論むシン・アスカを止めるべく、彼の前に対峙する。しかし、辛い過去を乗り越え、心・技・体の全てを極めたシンの力は圧倒的だった。
インフィニットジャスティスガンダムに搭乗するアスランは、キラのストライクフリーダムガンダムと2機でシンに挑むが、シンの操縦するハーデスインパルスガンダム黄泉冥王には、有効打の1つはおろか、足止めすらできない。

劣勢の中、アスランは変わり果てたシンを、一方的に非難する。シンはかつてのように怒り狂う事はなく、逆にアスランの慢心やプライドなど、未熟さを指摘し、シン自身はただ冷徹に論破するのだった。
論破されたアスランは、自らの未熟さを受け入れられずに逆上し、憎悪のままシンを討とうとするが、当然シンに歯が立つはずもなく、そのままストライクフリーダムガンダムとインフィニットジャスティスガンダムを一方的に蹂躙。インフィニットジャスティスガンダムは、大破してしまうのだった。
そしてアスランは、全治1ヶ月の重傷を負わされてしまう(これでも、シンの温情で、キラと共に命までは奪われずに済んでいる)。
1ヶ月後に復帰したアスランは、シンへの逆恨みを抱くようになり、その結果、DG細胞という危険な力を手に入れる為に自らにDG細胞に感染した。
そして、アスランは修復した本機にも、DG細胞を感染させた事で、インフィニットジャスティスガンダムリバイブに変貌させるのだった。

そしてインフィニットジャスティスガンダムリバイブの力は、凄まじいパワー・スピードによるゴリ押し戦法、多彩な格闘兵装を生かした白兵戦に特化したものとなっており、極限に高められたスピードとパワーの片方だけに限れば、フォースインパルスガンダムエクストリームハーデスインパルスガンダム黄泉冥王に並ぶほどの凄まじい力を秘めており、それらの最強クラスのMSにも、有効打を与える事が可能になっている。

こうして、シンのハーデスインパルスガンダム黄泉冥王と張り合える力を手に入れたアスラン。
しかし、精神や肉体への負担など、大き過ぎる危険性を孕む本機を使い続ければ、アスラン自身の精神は歪み、肉体もボロボロになり、やがて死に至る可能性だってあるのだ。
果たしてアスランは、そんな危険性を乗り越えつつ、シンに勝てるのだろうか?
それとも、危険性に耐えられずに、自滅してしまうのか?
それとも危険を克服したとしても、シンの力にはまだ届かないのだろうか?

コメント0件

好きな機体は、インパルスガンダムです。 ただ、投稿する作品の機体は、設定や世界観が、原作と大きく異なるものがあります。また、ガンダムシリーズのみならず、仮面ライダーなどの特撮作品も観ている為、私が投稿する作品の機体の中には、それらを参考にした独自の設定が、これでもかと言うほど満載されています。 塗装もあまり得意では無いので、温かい目で見ていただけると幸いです…。

インパルスさんがお薦めする作品0件

  • フォースインパルスガンダムエクストリーム

  • ガンダムエクシアワイルドダークマター

  • ムテキインパルスガンダム

ムテキインパルスガンダム

ムテキインパルスガンダム

今回は、仮面ライダーエグゼイド ムテキゲーマーをモチーフにして組み上げ…

ガンダムAGE-1ハイパーレッドホッパー

ガンダムAGE-1ハイパーレッドホッパー

自分のオリジナル設定を盛り込んだガンダムAGE-1レッドホッパーの最強…

ガンダムAGE-1レッドホッパー

ガンダムAGE-1レッドホッパー

今回も、自分のオリジナル設定を盛り込んだ機体をご紹介します。 独自設定…

ガンダムエクシアワイルドダークマター

ガンダムエクシアワイルドダークマター

自分のオリジナル設定を盛り込んだガンダムエクシアマンティスの最強形態で…

関連ガンプラ作品

HG G-セルフ

HG G-セルフ

HG G-セルフです。 今回は劇場版から追加された「ツインアイ内部の発…

RGM-79 GM

RGM-79 GM

地球連邦軍の量産機ジムです。過去のアカで投稿はしましたが撮影し直し再ア…

CS マグアナック

CS マグアナック

HGAC マグアナックをクロスシルエットふうに作成してみました!

HG ザクI(キシリア部隊機)

HG ザクI(キシリア部隊機)

HG 1/144 ザクI(キシリア部隊機)です。 塗装に手を出す前にシ…