GUNSTA

RGM-79[HGUC].
  • 2608
  • 0

RGM-79[HGUC].

 プレミアムバンダイやガンダムベース限定販売もカウントすると300機近い数を発売しているHGUC。創成期と言える2001年に発売されたNo.020のジムを作ってみた。
 見易さ優先で画像処理をしている故、画像毎に明るかったり暗かったりする事を先に書く。

 正面。
 変わった事はやってないけど、お手持ちの説明書やキットと睨めっこすれば判るかも。

 右向き。変わっている所が『一寸は』判る。

 後ろ。変わっている部分が判ると思う。

 武器を装備。
 ここで変わった部分が判った筈✨でも、隠れている部分でも変えている。

 では、出来る限りを解説しようか。

 いきなり何よ!?と思われたけど、最終組立直前の画像。如何なる変更をやったかが判る部分があるので見て欲しい。
 使った色だけど、スプレーはファインレッド・イエロー・グレー・スチールグレー・パールグレー・薄鼠色。
 細かい部分は青竹色・ニュートラルグレー・フラットブラック・黄緑色・ホワイト・レッド。
 スミ入れは専用シンナーでシャブシャブにしたアクリルのタイヤブラック。

 バックパックはマスターグレードver1,0で設定されたターミネーターユニットを市販スラスターパーツで再現、メインスラスターはHGUC版サザビーのF-12を持って来た。
 胸部は後嵌め加工をして塗装後に備える。
 頭部は前後の頭頂部カメラにエポキシパテを入れて乾燥後、成形して塗装に備えた。
 

 肩装甲・前腕・上腕はキット通り。肘関節は一部ディティールを瞬間接着剤で潰した。手首はキット付属とハイディティールマニピュレーターのを用意した。
 フロントとリアのスカートは裏にエポキシパテを入れて成形、平らに均す。サイドスカートは裏を薄いプラ板で塞ぎ、左サイドにスプレーガン用マウントを市販パーツで作った。
 大腿部は『部分的に』薄いプラ板で幅増し。ソールとアンクルサポートアーマーはキット通り。脛は中にオモリを入れてある。

 シールドは裏に予備サーベルを装備させた。市販ディティールアップパーツと細いポリランナーでマウント可能にしている。
 スプレーガンはキットのとシステムウェポンセットのを使う。サイドスカートへのマウントは1 mmポリランナーで。

  • サイトの埋め込み
  • 報告する

感想を下さい。一言でも良いので、お願いします。

コメント0件

 n0r1h1t0.と言います。宜しくお願いします。

MS-06F-2[HGUC].

 1人言い訳大会、始めるよ💢!

EXTREME[HG_EXVS].

 普通なら“HG○○”とパッケージ明記されているけど、唯一○○が書かれ…

AMX-107[HG_GPB].

 いきなり過去作&無関係なタグ付けを陳謝。  “模型戦士ガンプラビルダ…

関連ガンプラ作品

HGUC RGM-79Cジム改(ガンプラ…

今回はGWから制作開始して約2週間で完成。大型連休とリモートワークでは…

ジムスナイパーカスタム(HGUCジムベー…

10年くらい前に作成したスナイパーカスタムを再撮影してUP(ガンスタさ…

ジム スレッガー機

少しだけディティールUPと武器と色の違うジム

HG ジムライトアーマー

今回は、HG ジムⅡ を改造してジムライトアーマーを作りました!このラ…