ドラえガイさん
  • 144
  • 2

ドラえガイさん

コリスちゃんの作品が見れるのは、GUNSTAだけ!

コリスはF先生の大ファンなんです。
奇天烈も珍ぷいもたいむパトロールぼんも好きなんです。
ちっちゃい頃から、ドラちゃんの映画はめっちゃ観てたわ。
『雲の王国』だったか??ドラちゃんが頭からタンクに突っ込んでいくシーンは、チビリスながらぐっときたね。

『ヒャッガイさん』をGUNSTAへ投稿してから、かなり経ちましたね。
ほんと、ひっさしぶりのログインですねーーー。
すっかり、パスワードわすれてたよぅ。今回はパソコンでやるお。
いやね、『ヒャッガイさん』を撮るのに使ったスマホのバッテリーがふくれてふくれて、画面をどんどん押し上げてきて……。
ビクビクしながらもいじってたけど、さすがにおっかなくなったんで、処分しちまいました。

100円ショップで見つけた缶スプレーとネイルカラーで『ヒャッガイさん』を完成させたコリスは、あれからどーしてたのかというと……。
リスにしてはかなーり長生きしてるコリスは、クルミを集めたあとに身じたくを整えて冬眠してました。
えっと……コリスちゃんはモデラーを卒業した友達から、ガンプラをたくさーんもらったのです。
ですので、それをつくれる時はつくってるんですよね。

どーでもいい前置きでしたな、マジすまんなよ。
GUNSTA投稿2作目は、コチラであります。
前作と同じく「ベアッガイIII」シリーズ。
今回は、ピンクのやつ。前のは、グレーだったね。
製作の最初期には、ダイソー缶スプレーの中身の色を確認するのも兼ねて、パーツに持ち手つけてスプレー吹いてみてたんですが………この時点でひとつ問題が生じた。

やむをえないので、計画を変更。
ダイソーのスプレー塗料が乾いてから、「GSIクレオスMr.スーパークリアーつや消しスプレー」をさらに吹き付けて、つやが消えた表面をつくってから、ターナーのアクリルガッシュで筆塗りを行うことに。
アクリルガッシュは塗る面がつや消しである方が食いつきがよくなりやす。
いやーーーアクリルガッシュは塗っててすげーたのしーわ。
発色もすばらしいし、ノビもいい。
だいたいよ、ただの水で筆からなにからジャバジャバ洗えっしな。

アクリルガッシュによるすべての塗装が終わったら、「GSIクレオスMr.トップコート光沢スプレー」を全身にまんべんなく吹いて完成でっすっ!
あ、これは水性のやつにしときましょーね。
アクリルガッシュって乾燥すると、つや消しになるのです。
つや消し好きすぎなんです。元AFVモデラーのコリス@ドイツ軍戦車愛!!

アクリルガッシュぬりぬりしながらなんだけんども、じついうと作品名に悩んだ。
『ドラえガイ』か『ドラッガイ』か………で。
最後の最後になって、「ッ」じゃなくて「え」にしました。
ドラちゃんの映画みてるとわかるんですが、ドラちゃんやノビちゃんたちは毎度毎度かなりの激戦地におもむきまくります。
基本的にドラちゃんたちは百戦錬磨のつわものであって、「火の七日間」でもへーきで生き延びる巨神兵集団なのであります。
ぶっそうなえものは持たせられなかったけれども、ドラちゃんは「四次元ポケット」あっからってことでひとつヨロシク。
なんつーか、ジオンの科学力は宇宙一ィィィィィィ!!だよな。
よくよく考えてみっと、この機体はめちゃめちゃ高性能だろ?ち、違うん??
これより下は、そんなドラちゃんの勇姿と今回の作品をつくるにあたって、改造したところや使わなかったパーツをご紹介いたしまーす。

ドラえガイさん アピールショット1
まって、まって、ぼくはクマ型じゃなくてネコ型なんだよ。
ドラえガイさん アピールショット2
「四次元ポケット装備しているモビルスーツ」なのに誰もすごいって言わない。
ドラえガイさん アピールショット3
みんな、たたかいはやめるんだ!きっと、ぼくの方がつよいんだから!
ドラえガイさん アピールショット4
うしろみてーーー。しっぽみてーーー。
ドラえガイさん アピールショット5
ああ、やはりノビちゃんひとりではデキスギガンダム(通称デキダム)の相手はむりだったか。
ドラえガイさん アピールショット6
その、どら焼きくれーーー!!!
ドラえガイさん アピールショット7
ちょうど口の内部になにか放てそうな部分があるので、よーし画像編集。 くらえ、一兆度の火球を!!⇒ゼットンか?
ドラえガイさん アピールショット9
パーツには、ブルーとホワイトを吹きました。まず、ドラちゃんの青はええよー。 スマホがほんにぶっ壊れちまってよう、缶の写真自体はとれなかったけど、ブルーはかなり正直なスプレーさんじゃ。 スプレー缶のキャップの色と缶の中身、つまりは塗料の色がほぼ合致してる。 ただ、ホワイトはあかんな。思ってた以上にまったく隠ぺい力が無かったわ。 具体的にゆーと、「ベアッガイP」のキット成型色である薄いピンクの上にコレ吹くと、ピンクがすけちまうの。おおお、驚くばかりだ。
ドラえガイさん アピールショット10
脚と腕を胴体部へつなぐ部分のカバーパーツ(C1、C2、C5x2)は、省いてみました。 前作『ヒャッガイさん』が完成してから腕や脚を動かしてみてたら、このパーツがあるせいで、塗膜がガリガリ削れる削れる。 もうね、これには小型グラインダー搭載かと思ったね。 だ・か・らー、このカバーパーツは使わないことにしました。 するとこれは、それなりに成功!えーやん、これはこれでえーやん。 しかも、筆でこのテンテン塗りしてっからよ、ここのパーツなくてもぜんぜん気にならんし。 また、しっぽのパーツ(G4、G5)は使わず、その代わりにキットへ付属する不要パーツ(C10)を胴体部へ付けました。 ドラちゃんの丸くて赤いしっぽは別につくりまーす。
ドラえガイさん アピールショット12
キットに2種類入っている顔のパーツ(A1、A4)にはドラちゃんのヒゲを付けます。 コレはダイソーのアルミワイヤー1.0mmを使用。 接着はサラサラしてる方の瞬間接着剤で。 しかし、なかなかくっつかなくてたいへんじゃったよ。 アルミワイヤーがね、接着剤の上でつつつーって移動するの。 ななな、なんでじゃろ?怪奇現象でしょ。
ドラえガイさん アピールショット13
ドラちゃんにはしっかりとした赤い鼻があるので、コレを自作。 エポキシパテではありやせん。これはダイソーで売ってる「石粉粘土」です。 みなさん、おぼえておいてください。石粉粘土は完全乾燥後、瞬間接着剤でプラスチックに接着できるんです。コリスちゃんはゼリー状の方の瞬着で接着しました。 あ、その瞬間接着剤もダイソーで買ったよ。 赤くて丸いドラちゃんのしっぽも鼻と同様に石粉粘土で自作。 しっぽと胴体をつなぐ軸は太さこそ違いますが、ヒゲと同じくダイソーのアルミワイヤー。 ピンバイスでパーツ(C4)から胴体部へと穴を貫通させて、塗装後にしっぽを差し込みます。
ドラえガイさん アピールショット14
足の裏のパーツ(C9x2)にある緻密なスクリューモールドはまるごと削りとって、ネオジム磁石を埋め込みます。 このネオジム磁石もダイソーさんで売ってるんやね。何種類か大きさもあるようです。 そして、あけた穴は1mmのプラ板で塞ぎます。 手のパーツ(A2、G8)にもネオジム磁石を仕込みましたが……これは失敗しましたわ。 思ってたほど、磁石のちからは強くありませんでした。 G8側にではなく、A2側の内部に磁石を付けるとよかったのかも。 コリスちゃんはドラちゃんに「ひみつ道具」のようななにかを持たせたかったんや。 足は工作成功ですよ。鉄製のいたるところにピタッと両足がくっつくからーー。
ドラえガイさん アピールショット15
忘れちゃいけねぇ、ドラちゃんの首にはかわいい鈴がついてらぁ。 ゴールドの鈴とリングはダイソーで発見したステキマテリアル。 元々ゴールドってのは、無塗装でいけるし。 パーツ(C6)は赤く塗る前にピンバイスで2つ穴をあけてから、リングをくるんと通します。 塗装後にもう1つ別のリングでチリンチリン鈴をつけまーす。 おおっと、これも忘れちゃいけねーー。 ドラちゃんといえば「ポケット」!!!! おなかに付くポケットは1mmプラ板で作成し、パーツ(C3)に接着。 早い時期に作品はできてたけど、写真を撮るのに困った困った。 使ってたスマホは処分したんで、押入れに入れたまんまになってたスペアポケットじゃなくて、デジカメ使おうかと思ってたんですが……。 どーやらキヤノンさんは故障しているらしく、うんともすんともいわねー。 あーーーもうやだやだ。 ニコンさんならこうならなかったろうなって、いやー長期間ほこりかぶってたら同じだよな。 ですので………コリスは、はじめて天損で買い物したよ。 一番安いSIMフリー端末ってやつを買ってみました。 まーえーんちゃうの?単品模型の写真とるならこの程度のカメラ性能で。
  • サイトの埋め込み
どら焼きが大好物です。

コメント2件

  1. 鯖豚定食 5か月前
    • コリスちゃん 5か月前

引っ越しを機に模型づくりからは離れていました。もともとは、戦車とか兵士とか軍用車両とかを作ってました。ある日、友人が「モデラーを卒業する」とのことで、彼が処分に困っていたキットをたくさん譲ってもらいました。ガンプラが多かったです。ですので……生まれてはじめて、ガンプラを作ってみました!!

コリスちゃんさんがお薦めする作品0件

  • rating_star20
  • rating_star10

関連ガンプラ作品

  • rating_star37
2021年最新作
2021年最新作
  • rating_star24