GUNSTA

コピーできました!

成形色活かしと汚し
  • 248
  • 0

成形色活かしと汚し

スランプだった頃にパチ組で「成形色を活かし」と「部分塗装」で作っていた頃の作品です。
お手軽ウェザリングもやってみました。

方法は「製作動画」を参考にしながらやってみました。
ウェザリングは「スミ入れとトップコート」をしてから、「焼鉄色でチッピング」と「シルバーでドライブラッシ」をして、「リアルタッチマーカー」と「ウェザリングマスター」で汚れを付けました。
昔の仕事で重機の整備をしていたので、その頃の記憶を頼りに汚してみました。

こちらは「陸戦型ジム」です。
2019年2月24日完成
シールド上部のパイプなどをグレーで部分塗装しています。

成形色活かしと汚し アピールショット1
成形色活かしと汚し アピールショット2

こちらは「ザクⅠ・スナイパータイプ(ヨンム・カークス機)」です。
2019年3月1日完成
合わせ目の処理はスジ彫化をして、ツノを薄くして整えています。
部分塗装はしていません。

成形色活かしと汚し アピールショット3

旧ザクが好きでもあるし、ガンダムUCの中では好きな機体です。
ヨンム・カークスも味のあるキャラでした。

成形色活かしと汚し アピールショット4
成形色活かしと汚し アピールショット5

こちらは「フルアーマー ガンダム(サンダーボルトVer)」です。
2019年3月7日完成
合わせ目の処理はスジ彫化をしています。
シールはシールドのみで、部分塗装はしていません。

成形色活かしと汚し アピールショット6
成形色活かしと汚し アピールショット7

こちらは「ジム」です。
2019年3月12日完成
ここからはパチ組をやめて、合わせ目消しを始めました。

今まで作った一部で、合わせ目をスジ彫で処理をしたら「足の縦線」が気になるキット(特に連邦系)もありまして、今回は合わせ目の処理して、無塗装でどうなるかを試してみました。
シールドの裏を部分塗装をしています。

成形色活かしと汚し アピールショット8
成形色活かしと汚し アピールショット9

こちらは「ジムⅢ」です。
2019年5月24日完成
合わせ目消しをしたら成形色によって白く残るのが困りました。
かなりの場所を部分塗装が必要で、慣れない筆塗りで大変でした。

成形色活かしと汚し アピールショット10
成形色活かしと汚し アピールショット11

こちらは「ネモ」です。
2019年5月25日完成
前回、ジムⅢの作成で接着剤の溶けたところが白っぽくなったので、今回は「流し込みタイプ」の接着剤にしてみました。
初めて使うタイプの接着剤なので、接着方法に慣れるのに時間がかかったり。
やっぱり白くなりますね。
今回も部分塗装を筆塗でやってみました。
なかなか下地塗装とか慣れない感じ。

成形色活かしと汚し アピールショット12

実は最初に「パチ組汚し」に挑戦したのは「ジムカスタム」でした。
初めてあるあるの、お約束な「やり過ぎ」となりました。

  • サイトの埋め込み

コメント0件

25年ぶりに復帰した、出戻りモデラーです。 数年前にブラックな仕事を辞めて地元に戻り念願の趣味の時間ができたのと、亡き親友の遺言みたいなものもありモデラーに出戻ることになりました。 旧キットが終わる頃に就職して作らなくなったので、HGやMGなどで練習中です。 今時の技術や知識が乏しいのでアドバイス等を頂けたら嬉しいです。

  • rating_star19
  • rating_star38
  • rating_star50
  • rating_star45

関連ガンプラ作品

  • rating_star52