GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

レギンレイズ・リンド

レギンレイズ・リンド

レギンレイズ・ジュリアは試作3号機であり、その1号機、2号機が存在した。……と、その辺りは前投稿のレギンレイズ・フレイヤにて。高機動接近戦闘に特化した1号機フレイヤに対して2号機リンドは高機動射撃戦闘を想定したもの。そのため、接近戦はまったく考慮されていない。1号機と同じくパイロットを必要とせず阿頼耶識システムのみでMSを機動させる。ヤマジン・トーカによると、フレイヤとリンドの阿頼耶識システムは同一のものらしい。そのため、連携に優れるというよりも、同一人物が二体のMSを同時に動かしていると思えるほどリンクしている。

【EB-08rdcレギンレイズ・リンド】
フロント・リアビュー
フレイヤと対を成す機体で、この2体でラスボスならミカヅキも苦戦…いや、勝てるの?という機体を考えたわけです。
改造箇所はフレイヤと同じような感じですがそれぞれ違いが出るようにしてみました。
フレイヤの大型ブレードに対してリンドは大型レールガン×2を装備。砲身を縮めて背中に懸架することができるので、通常のライフルや近接武器も装備は可能。
通常のMSではかなり大型のレールガンもリンドは、軽々と片手で扱う。高速移動しながらのレールガンによる攻撃は、敵艦艇の驚異となる。
敵MSとの距離によってはレールガンの砲身を縮めて対応する。
肩部にはレアアロイ製のフレキシブルバインダーシールドを装備し、あらゆる方向からの攻撃を防ぐほか、その堅固さから緊急時は打突武器としても使用する。
バインダーシールドは前方に展開することにより、突撃形態となる。
改造箇所は、フレイヤと同じく少なめです。①頭部アンテナは巨大な1本のブレードアンテナに、②腹部フレームの延長、③腕部は通常のレギンレイズにして本来の腰部シールド装甲を追加、④肩部にオプションセットの接続部とコトブキヤのパーツでアームを、同じくコトブキヤのシールドはビルドパーツを追加。
カラーリングは、フレイヤのレッドに対してブルーですが、単純に色変えではなく対象となるようにホワイト、ブルーの配色に。ホワイトはライトグレーも使って塗り分け、挿し色はオレンジイエローです。
大きさ比較にグレイズ(軽量改造機)と。このボリューム差、HGの概念が崩れますwww撮影のためにグレイズ持った瞬間「ちっさ…」と声出た。
まだ見てない方は対となるレギンレイズ・フレイヤもよろしくお願いします♪
https://gumpla.jp/hg/77978

以上、長々と妄想垂れ流しましたが、ありがとうございました。
  • 2572
  • rating_star111
  • 12

このボリュームでHGのキットというのはすごいですね

コメント12件

  1. くろいの 11か月前
    • かーず 11か月前
  2. 11か月前
    • かーず 11か月前
  3. @Maru_Iruka 11か月前
    • かーず 11か月前
  4. ta-zu 11か月前
    • かーず 11か月前
  5. クリミナ 11か月前
    • かーず 11か月前
  6. 11か月前
    • かーず 11か月前
MG200コンプリート計画