GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

XMS-065 鹵獲ガンタンク「ヘルヴンディ」

XMS-065 鹵獲ガンタンク「ヘルヴンディ」

宇宙世紀0078年、ジオン軍は来るべき独立戦争に向けて戦力の増強を図っていた。
国力で劣るジオンには、早期決着のために地上侵攻というカードを切る積極性はなかった。それ故、兵器開発においても地上戦でしか運用ができない局地用兵器へ割かれるリソースは少なかった。
そんな中で提案されたのが、コロニーに駐留する連邦軍の治安維持部隊が使用しているガンタンクを鹵獲、改造して運用するという計画である。
ちなみに、「ヘルヴンディ」の名前は、「ヒルドルブ」がオーディンの別名が由来である事から、同じくオーディンの別名である「ヘルヴィンディ」に由来する。

左腕にはザクⅡと同型のシールドを装備。それを利用した殴打も可能で、原型機では不可能だった白兵戦にも対応している。
(という設定ですが、今回はサイズ感的にギラ・ズールのものを使用してます)
左肩は多目的アームユニットを装備。後のザクタンクでも見られるように、機動性の低さから作業用にも使用されるため、先端のユニットは換装式になっていて、用途に合わせて取り替えることが出来る。
グフと同型のヒートソードを装備。より白兵戦に対応した装備である。
(使いにくそうだけど…)
鹵獲機の中には頭部が破損した機体も含まれており、仕様の統一のために全ての機体で頭部を取り外し、左胸にメインカメラユニットを増設した。
(1/144で丁度いいサイズ感のものが無かったので1/220のメッサーラから頭部を移植してます)
  • 546
  • rating_star45
  • 3

コメント3件

  1. 銀兄 8か月前
  2. 利庵准尉※恐妻家(¯―¯٥) 8か月前
    • 一一人(ねがかずと) 8か月前
MG200コンプリート計画