GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ユニコーン!
  • 93
  • rating_star7
  • 0

ユニコーン!

MGユニコーンです!
今回はユニコーンのもともとの持つ格好さを活かすために改造、アレンジはあまりせず、その分の労力や時間を塗装につぎ込みました。
塗装もシンプルながらもこだわり抜いたので最後までみていただけると嬉しいです(^o^)

まずはユニコーンモードです。
パールを吹いてギラつかせる選択肢もありましたが、白パーツをギラつかせると少しまとまりがなくなると思ったので、調色した白を使い艶を落とすことで落ち着かせました。
ビームマグナム装備です。前の写真で持たせていたバーズかとは素材や質感のが違うと思うので別々の色を使いました。
バズーカは黒が強めのガンメタリックで塗り重量感ある質感に、マグナムは明るめのグレーにシルバーを混ぜて、少し軽い質感を表現しました。
変形!
やはり変形シーンで僕が一番最初に浮かぶのはこのシーンですね。見た当時は感動しました。
話は変わりますが、ユニコーンモードなのにチラチラとサイコフレームが見えちゃってますよね?
説明書ではきっちり隠れていたので僕が下手くそなだけだと思いますが皆さんはどうでした?
デストロイモードです。
サイコフレームとアンテナはパール塗装しているので、光の当たりかたで輝きかたが変わります。
輝かせるパーツを強調するためにも白は落ち着かせました。
アンテナの色は、普通は限りなくオレンジに見える黄色に見えるようにして、光を当てると金色に輝くよう見えるように塗装しました。
サイコフレームとカメラアイには蛍光色を使っているので、ブラックライトを当てると発光します。
ledではないのでブラックライトじゃないと発光しないですがやはり光らせたかったので蛍光で塗りました。
後ろもしっかりと光ります。
持たせたい装備を迷いますがデストロイは物理のイメージなのでサーベルとデザインが好きなのでシールドを持たせて飾ります。
最初にも書いた通りあまり改造やアレンジをしてません。プロポーション自体そこまで違和感を感じなかったので(首は延長した方がよかったかな…)
ただ面だし、エッジング加工、スジボリの基本作業はしました。
写真はエッジ加工のため瞬着パテをもってけずってを繰り返したパーツです。
(分かりにくい)
わきの部分に唯一の合わせめがありました。説明書の完成品では消していなかったのですが僕自身合わせ目は消したい派なので消しました。
そのままでは装着できないので中のピンを折って後はめ加工しました。
サイコフレームの輝きを今回一番こだわりたかったので工程と手間をかけました。
まずはマイスターシート1300番でサンディングしました。
その後プライマーを吹き表面保護しました。次にプレミアムレッドを吹き付けました。ピンクをとのギャップをつけたかったのでなるべく強く、透明感がある赤がほしかったのでこの色を選択しました。
正直この赤色を塗るだけでも充分格好良かったと思いますね。
赤が乾いたら、その上からパールシルバー→蛍光でピンク→クリアーを吹きました。
当初は研ぎ出し、コンパウンド磨きも考えていましたが、充分輝いているのと塗料が剥げるリスクが怖かったので見送りました。
こうみると光が当たる当たらないで全然違いますね。
ビームサーベルもこだわりました。もともとの青色でしたがデストロイと言えばやはり赤をイメージするので塗り直すことにしました。まずはプライマー→白の順番で塗りました。
グラデーションをつけるため塗った白に赤を足していって先端にいくほど赤くなるように塗りました。
狙い通りにグラデーションをつけることができました。ブラックライト当てると発色もします。小さなこだわりだけど個人的にはやって良かったと思っています。

ユニコーンです。シンプルながらもこだわりをもって塗ったので今回も長々語らせてもらいました。最後までみてもらえると嬉しいです!

コメント0件

MG200コンプリート計画