GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

MG パワードジム

MG パワードジム

プレバンで発売された、MGパワードジムになります。
ベースは10数年前に発売されたMGジム改。
ですのでMGとしては初期のキットをベースとしています。
ガンダムVer.Kaも同系列ですので、このあたりとジムカスタム等とのミキシングされている方も多く見かけますね。

ジムシリーズの中ではかなり好きなMSですが、この度無事入手できましたので製作に着手できました。
キット自体は、流用の関係で設定等から相違がある部分も見受けられますが、キットとしてのまとまりは良いと思います。
そのままでもよかったのですが、いろいろ皆さんの改修、改造を目にすると、あれもしたいこれもしたい(苦笑)といくつか手を付けました。

・頭部
バルカンの開口のみです。
あえてメタルパーツ等は用いませんでした。
カメラバイザーはキットが透明のままですので、裏からクリアグリーンを吹いてあります。

・胸部
襟部に人生初(笑)のスジ掘りを施しました。
あと、首のジョイント部を後ろに2mmほどずらしてあります。
ポジションとしてはジム改状態ではちょうど良いですし、そこまで変でもないのですが、好みでより埋まった感を見せたく実施。
また、肩関節部が軸固定のキットですので、せり出しが出来るように加工、関節を仕込みました。
イメージとしては、HGUCのパワードジムのような感じです。

・腹部
若干腹部関節が見えてしまってましたので、2mmほど延長しました。
(白い部分になります)
コックピット部はあえてそのままです。

・腕部
基本ノーマルで、前腕部の内側に一筋だけスジ彫りを入れて有ります。
手首は、メカハンド角の11.5mmに換えてあります。

・腰部
フロントアーマーの付け根のジョイントが見えてしまっていましたので、内側に0.7mmほど厚みを増してジョイントを隠しました。
若干動きが渋くなりましたが見た目優先です。
あと、少しだけフロント&リアアーマーの裏側にプラバンを貼って裏打ちをしてあります。
センター部の追加装甲がある部分はエッジ出しがうまくいきませんでしたので、0.5mmのプラバンを貼って面を出してあります。

・脚部
太ももの付け根を、元からの接続部を切断後にキットについてくるマークIIの股関節部に変えてあります。
これでボールジョイントだけでなく水平部に1軸増えますのでポージングの自由度があがりました。
また、若干の延長、幅増しに寄与しています。
脛部のインナーパーツで2mm延長してあります。
膝アーマー部は1mm前にせり出し。
ここはブロックで増したかったのですが、技量足りなく縁部での延長としました。
足首については、アーマー前部にスジ彫り追加。
スリッパ部はカトキデザインとはほど遠く、定番のガンダムVer.Kaのパーツと交換を考えましたが、それだけのために部品取りも心苦しかったので、結局元パーツを加工し2mmほど楔状にプラ板で幅増ししせり上げてあります。

その他武装については、シールド部のモールド追加、サーベルのみガンダムから追加流用しシールド裏に装着。
それ以外はキットのままです。

・塗装
ベースにクレオスの黒サフを吹いた後、ホワイト部はガイアカラーNAZCAのスチールホワイト、オレンジ部はクレオスのマホガニーを下地に吹いた後に、ガイアカラーNAZCAのマンダリンオレンジを使用。
関節部等はクレオスのダークシーグレー、武器等はクレオスのジャーマングレーを使用。
赤部はいつもどおりクレオスのRLMレッドを使用。
黄部はクレオスのキャラクターイエローを使用。
バーニア部は黒鉄色をベースに吹いてから、クリアオレンジ、クリアブルーで焼けを演出。

基本塗装後に墨入れ。
またエッジ部に、ペーパーを使って剥げさせてチッピング。
各種デカール(ガンダムデカール、HQパーツ、ベルテクス等を使用)を貼り付け後、つや消しの水性トップコート。
その時点で白の発色が良く、完成にしたかったのですが、デカールのなじみを考えてあえてウェザリングカラーのグランドブラウン+マルチグレーの混色で薄くウォッシングしてあります。
最後はクレオスのスーパースムースクリアーのつや消しです。

デカールについては、評価試験機ということを踏まえてあえて多めのコーションマークを入れて有ります。
仕上げの方向性も、実際の劇中の使用をイメージした剥げ、汚れをイメージしました。

改修等、初めての試みもいくつかトライし、完璧とは行かないまでも満足いく仕上がりに出来たのでは、と思います。
プロポーションも、「好きにいじる」というよりはキットの素養を生かしながら細かいポイントを改修し、まとまりの良さをなるべく保ちつつ破綻しないよう心がけたつもりです。

パジムといえばハイパーバズーカ…かな

背面
バーニアだけあえてツヤは消しませんでした

改修により腿の左右のロールが大きく出来るようになったのは効果大

EIGHTさんのメカハンド
平手もかっこいいです

武器持ち手はもう少しすぼめても良かったかも…
サーベル持ちもかっこいいですね

ジムライフル
もちろん両手で構えたポーズも問題ありません

コアブロック部
パイロットもがんばって塗りました…見えないけどw

シールドには唯一メタルパーツを使用
キットのクリアパーツは使いませんでした

素組み状態
バランスはまとまってる良キットだと思います
一番気になるのは、やっぱりスリッパですかね…

首のオフセット状態
あごが襟の境い目から後ろ寄りになってるのがわかるかと思います

腿付け根の改修
マークII(バズーカでランナーが丸々ついてきます)の股関節部を流用
接続部にPCも仕込みましたので、マークII同様に軸回転します

膝ブロック部
サンドイッチする技量が無かったので、縁で延長

ガンダムVer.Kaのキットと見比べて角度を調整
元パーツに切り込みを入れて、楔を打つ感じで跳ね上げました

腹部は下部で2mm延長(加工中)

肩は関節仕込んだのでこのようにせり出せます
(左肩はまだ加工前なのでキットのまま)

捨てサフ
すでにカッコ良いw

基本塗装、墨入れ、デカール、トップコートまで
子供にはこれで十分って言われましたが、この後ウォッシングw

MGパワードジム、とにかくカッコイイ!

コメント4件

  1. けっぴー 2週間前

もびさんがお薦めする作品0件

  • HG ジム・ガードカスタムの盾

  • reconnaissance

  • HGドムトローペン