GUNSTA

MG RX-78-3 G3ガンダム Ver,2.0

MG RX-78-3 G3ガンダム Ver,2.0

MG RX-78-3 G3ガンダムです。往年のガンプラファンならば、一度は統一されたフォーマットでRXシリーズを製作したい、と考えた事があると思いますが(自分でプロトタイプに改造すれば良いんですがね)中々手が動かずに未だに叶わぬ夢状態だったんですが、プレバンからプロトタイプが発売され状況は一転。
さらに某オクで海外製のRXシリーズ用のデカールを発見しついに製作開始!
まずはG3ガンダムから製作を始めました。

 塗装はブルー系の入った新カラーには違和感を感じていたのでトーンの違うグレーを数種調色。モノトーンで仕上げました。

 こちらが購入したデカール。
サイド7でザクに襲撃されず予定通り三機共にホワイトベースに搬入されていたら各機に施されていたであろうマーキングです。
ま、本来なら三機共同仕様、同カラーになるんでしょけど。
それではあまり意味が無いので・・・
 兎に角、コレで三機のVer,2.0のガンダムに同じ書体のマーキングが入った完成品が手に入ります!

まずは仮組。組みなれたVer,2.0系なので特別改修する所も無し。

外装を全部剥がして表面処理を行います。

いつもの黒サフを吹きます。

塗り上がった部品からフレームに組み付けていきます。
ちなみに、フレームですが最近は塗装していません。過去、ABS製のフレームが全盛だった頃にさんざん破損させたのでKPSが導入されて以降も塗装していません。ABS樹脂製のフレームも後半はインストに塗装が破損の原因になるって注意書きが追加されましたけどね。

背面。

さて、塗り上がったらお楽しみのマーキングです。
まずはマークセッターで位置を決めてしまいます。

本体のデカールもどんどん貼っていきます。

まずはG3ガンダム完成です。

コメント0件

MGを中心に製作している会社員です。ガンプラ発売時から作り続けて今年で40年!キャリアだけは長いですが、デキが伴わないです。 ファースト世代には珍しく、初代~Gレコまで全肯定派です。

MG ジェガン

MG ジェガン

今回はヘアスプレーを使用したチッピング塗装のテストの為、量産機、単色、…

MG ドワッジ改

MG ドワッジ改

先日のドワッジに続いてドワッジ改です。 8年も使っていた割に全く砂漠仕…

MG GMスナイパーカスタム

MG GMスナイパーカスタム

GM三部作のラスト、スナイパーカスタムです。

MG GMキャノン Ver,2.0

MG GMキャノン Ver,2.0

 GM三部作の2作目、GMキャノンです。 北米戦線仕様を購入しましたが…

関連ガンプラ作品

湿地帯戦用ザクの手荷物ミサイルラックをスクラッチ。

湿地帯戦用ザクの手荷物ミサイルラックをス…

「HOW TO BUILD GUNDAM」に掲載されている湿地帯戦用ザ…

HGザクを湿地帯戦用ザクに迷彩筆塗りにて。

HGザクを湿地帯戦用ザクに迷彩筆塗りにて…

HGザクで湿地帯戦用ザクを製作しました。

HG ガンダム THE ORIGIN 中期型 G3カラー

HG ガンダム THE ORIGIN 中…

オリジン版ガンダムをG3カラーで仕上げました。 パネルラインの彫り直し…

MSVザクで4色迷彩の特殊部隊ザクを製作。

MSVザクで4色迷彩の特殊部隊ザクを製作…

MSVザクマインレイヤーを下半身のみアルミ線関節改造した後、スポンジス…