GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

旧キット 1/60 ゲルググ

旧キット 1/60 ゲルググ

みんなの憧れ、1/60シリーズのゲルググです。
元々はシャア専用でしたが、個人的な好みで量産型として組みました。
旧キット、ですが今も再販され店頭で買えちゃうステキなキットですw
誰しもが、当時なかなか買ってもらえなかった最大級のガンプラですが、大人になってから好きなだけ買える値段(初期MG並み)、変にいじらなくても醍醐味が味わえる巨大さ、プロポーションと個人的には申し分無いですね。

とはいえ、塗装のためと思い後嵌めの加工に至る過程でやむを得ず工作した部分はあります。
・足は膝、足首がどちらも挟み込みのため関節部で加工しました。
 その流れで足首関節を90度角度を変えたのですが、その際に2センチほど足首が下に。
 関節部が見えて弱弱しくなったため、その分、裾もやむを得ず2センチほど延長しています。
・膝はポリキャップを縦に仕込み、プラ棒で差込接続に。
・肘はうっすい関節を取り除いて、膝同様にポリキャップを仕込みプラ棒差込接続に。

プロポーションをいじる方は、他キットの関節を仕込んだり、スカート、腿の延長が主に見受けられますが、そもそもいじる気が無かったが故に変な工作になってしまいました(^^;
(後から思うと、組んだ状態でも塗装できそうな大きさでしたね…)

塗装は黒サフをベースにリアルタイプのカラーで塗りました。
全てMr.カラーを用い、基本塗装からの墨入れ、デカール貼り付け。
水性トップコートの後、ウェザリング。
Mr.ウェザリングカラーを用い、チッピング、シェーディング、フィルタリングを施し、ハゲチョロはタミヤのエナメルカラーでシルバーを。
最後つや消しトップコートで仕上げてます。
デカールは、ガンダムデカールからMGシリーズやMSVシリーズ用を用い、1/100のリアルタイプの取説を参考に似た感じになるように適宜貼り付け。
面積が広大で調整が難しいですが、違和感なく出来たかなと思います。

背面。
スカート部、裾の部分と1/60なので広大(笑)ですから、フィルタリングなどで明度の変化を付けてみました。
胴体の緑部にフェイスグリーン、足や肩などのグレー部にスポットイエローを用いました。

でかい割には稼動はそんなに広くないです(苦笑

ぐぼーん
ちゃんと光りますw

元からムギ球(懐かしい!)が仕込めるようになってるキットで、もちろん電池ボックスもついてきます。
今のキットの胴体等にパチンとはめ込むLEDユニットとは違って、中身はすっからかんですし、単3電池が2個も入っちゃいますw
今回は、手持ちのLEDに変えました。
Hアイズのピンクをモノアイ部に接着し、実際のLEDは白で点灯させています。
胴体外して電池出し入れですが…スイッチつけりゃよかったw

仮組み状態。
迫力は満点です。
でっかり握り拳が良い。ロマンです。

足首の後嵌め加工のせいで、足長になってしまいました…

結局、関節部が隠れるように、裾を2センチほど延長。
スカート部のボリュームアップもしたいなぁと思いながらも、十分なプロポーションに、これでいいよなーってw

各部塗装の後、デカール、ウェザリング等施して、あとは組み上げるだけの状態。

時代は旧キットです。

コメント6件

  1. Zoo 2週間前
    • もび 2週間前
  2. けっぴー 1か月前
  3. @soroship456 1か月前
    • もび 1か月前

もびさんがお薦めする作品0件

  • HG ジム・ガードカスタムの盾

  • reconnaissance

  • HGドムトローペン