GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

1/100 ネオガンダム

1/100 ネオガンダム

一度も作ったことがなかったけれども、何だかとても気になっていたモビルスーツ、1/100 ネオガンダムを制作しました。

『機動戦士ガンダムF91』の外伝的作品『シルエットフォーミュラ91』の物語後半の主役機で、アナハイム・エレクトロニクスが作った最後のガンダムという設定の機体です。

当時のキットをいま見てもしっくりくるようなスタイルに改造しました。

G-B.R.Dという超巨大なビーム兵器が特徴的な機体。

G-B.R.D あってのネオガンダム、
G-B.R.D 無くしてネオガンダム無し。

元キットはやたらとスリムで、脚が長くて腕が短かったため、脚の長さを詰め、腕を延長し、力強さを出してみました。

また、顔もだいぶ変更しています。

G-B.R.Dには金属製のディテールアップパーツを取り付けたりしてます。

ビームシールドをどう塗装するかはけっこう悩んだポイントでした。他キットのエアブラシ塗装時に「プシュッ」と塗料が飛んでしまったことを思い出し、逆にその失敗を正としてビーム粒子が斑点状に散ってるように塗装してみました。

バックパックは設定では濃いグレーなのですが、コア・ファイター時の色を考慮し、薄めのグレーに。

G-B.R.Dとコア・ファイターが合体した状態。これはこれでカッコよくて好きです。

G-B.R.D+コア・ファイターのバックショット。

コア・ファイター単体。GP-01のようにコア・ファイターは本体の背中に刺さる形です。

元キットを仮組みした状態。

システムインジェクション(多色成形)なため、胸パーツは青・黄色・赤の部分が1パーツで構成されていて、色の境目のモールドが甘く、それが逆に面倒臭いことになってます。

また昔のキットなのでディテールは薄めで、ストレートに組んでものっぺりしすそうだったため(肩などが特に顕著だと思います)、各所にスジボリやディテールを追加しました。

顔は目や各パーツが中央にきゅきゅっと寄った縦長な印象だったので、幅を広げてシルエットを丸く変えました。

胸パーツはシステムインジェクションの影響で、黄色のダクト部分がやたらと前に張り出していたため、立体的な造形にするため、プラ棒を貼り付けて枠を作り、ダクトを奥まらせました。

また、元キットでは逆台形で無駄に肩が広かったため、肩の軸棒を一旦切り飛ばし、胸の左右を削り込んで、長方形に見えるよう変えました。

基本的にパーツ貼り合わせのモナカ構造の箇所が多く、ダクトの真ん中に合わせ目が来ることもザラにあります。処理が面倒臭いので、ディテールアップパーツに差し替えてます。

肩アーマーは2パーツのメリハリのない印象だったので、パーツを分割し、自作パーツを追加して立体的なシルエットに変えました。

背中とコア・ファイターの接続部分。接続のための軸が丸見えで格好悪かったので、プラバンでカバーを作りました。

G-B.R.Dの銃身部分も、パーツを分割して、塗り分け&改造しやすいように。

ふくらはぎ両側のダクト部分の立体感が乏しかったため、プラバンを曲げたカバーを取り付けて奥行き感を出しました。

左側が改修後、右側が元キットです。

『1/100 ネオガンダム』を現代風にリファインしてみました。

コメント0件

コーネリアさんがお薦めする作品0件