GUNSTA

コピーできました!

クロスシルエットのザク8機目

クロスシルエットのザク8機目

8機目はMS-06FS

ガルマ専用機が有名どころ。

S型の生産が始まるまでの間に生産された白兵戦強化を図った機体です。

F型をベースに頭部バルカン砲4門の追加とチューンナップに留まり、F型と同じラインで生産されたとか。

今回はメタルパーツを使用してみたく思い6機目をメインに3機目のパーツの一部と入れ替え、頭部にバルカン砲を設置、バーニアノズルに金属パーツ、モノアイはLEDで点灯出来るようにしました。

ブレードアンテナもランナーから切り出して長くしてます。

既に9機目も準備を始め、同じ様な改造を施し小隊編成を目論んでいます。

クロスシルエットのザク8機目 アピールショット1
クロスシルエットのザク8機目 アピールショット2

メタルパーツは良いですねぇ。

ノンスケールのSDでもかっこ良く見える気がする(笑)

クロスシルエットのザク8機目 アピールショット3

設定

第1次降下作戦時にアラビア半島のアデン基地攻略戦に参加し、その後オデッサやユーラシア中央部のハリコフ攻略の戦果を認められ、本国の国防隊だった某少佐がMS-06R-A1へ機体変更し空いたFS型を譲り受ける。

濃淡グレーのパーソナルカラーだった機体色は通常色のザクカラーへ戻し、頭部バルカン4門の内閉じられていた2門を開封、複砲身のバルカン砲から単砲身のチェーンガンに換装。口径も30mmから40mmへと変更されている。

某少佐の専用機時代は初期生産型だっためかエンジントラブルが多発していたので新型に交換、右肩シールドをスパイクアーマーに換え、各所にスラスターの増設を行った。

増加した燃料消費には脱着式の増槽で対応可能。

 

クロスシルエットのザク8機目 アピールショット4

一通りの改装を受けア・バオア・クーで受領されると第104パトロール隊の小隊長機となり、ルナツー近傍宙域で技術評価試験を受けた。

この評価試験で高得点を得られた事により、他部隊の数機が同改良を受けている。

地上での評価試験も言い渡され小隊を伴いバイコヌール基地へと降り立ちハリコフ基地防衛隊に着任。

地上での評価試験ではJ型を大きく上回る機動性と高い白兵戦力を示した。

連邦のジブラルタル攻略から始まった1ヶ月に及ぶ欧州戦線でオデッサが陥落すると撤退する友軍への激しい追撃の煽りを受けてハリコフ基地は壊滅。

同機体も撤退戦で消息不明になるものの部下の2機は終戦までジオンの基地だったバイコヌールへの撤退が多数の友軍と共に確認されている。

 

戦後シベリアで起こったジオン狩り連邦野戦基地襲撃事件時、当機に似た機体が目撃されている。

 

妄想終了!

クロスシルエットのザク8機目 アピールショット5
クロスシルエットのザク8機目 アピールショット6
クロスシルエットのザク8機目 アピールショット7
クロスシルエットのザク8機目 アピールショット9

ランナーからブレードアンテナを切り出しました(左のやつ)。

ピンバイスで形に沿って穴を開け、ニッパーで大まかな形に切り出し、リューターで大まかに形を整えヤスリで整形してます。

クロスシルエットのザク8機目 アピールショット10

頭部の内側。

1.5mmで穴を開け、メタルパーツを差し込み粘性高目の瞬間接着剤で固定してます。

  • サイトの埋め込み

コメント3件

  1. Zoo 1か月前
  2. Betty一式 1か月前

素組み以外は2021から始めました。 ザク好き。 成人以降夢でザクを三度操縦済み(起きて覚えていた回数) モニターが小さくてサイドからの攻撃が見え難いのですよ、ザクって。 ちなみに三度とも撃墜されてます。 後付けとは言え、細かい現地改修も含めバリエーションの豊富さから、if設定が作りやすいのが一番でしょうか。 ジムも該当するのですが見た目の好みでザク推しです。 MS-06FSが中途半端な立ち位置で設定によっては伸び代が有りそうな雰囲気で特に好きです。 空を器用に飛び回るとか一撃で数十機撃破してしまうとかそんな物は面白味に欠けます。そんな物は人型以外の兵器がする事です。人形は泥臭く地べた這いずり回っている方がイイ! 昔は組み立てるのが楽しかったのですが、今は素組までが面倒に感じる今日この頃。 専用機には魅力をあまり感じないので、あくまでも量産機をベースで妄想設定し簡単な改造してます。 本来の世界観を大きく逸脱するような外見に大きな改造は無し。 そういう点でoriginのMSの再設定はより現実的で個人的にかなり好き。 出力増強・白兵戦・ナックルシールド・強襲と言う言葉と装備が好きです。 今のところSDガンダムクロスシルエットのザク専。 SDだからって可愛いだけじゃないっ!!

関連ガンプラ作品