• 1320
  • ???
  • 0
  • お気に入り
  • メニュー
5周年コンの応募作品です
コンテストの予選期間中は自分以外の作品の「いいね!」数はシークレット表示になります。
気になった作品は、是非「いいね!」をして応援しましょう。

NZ-666 KSHATRIYA VS RGM-89S STARK JEGAN

低コスト化が進んだ宇宙世紀0090年代後半の機体としては珍しく、オールレンジ攻撃端末ファンネルや、高出力ジェネレーター直結のメガ粒子砲を多数装備する第四世代モビルスーツである。その上、本機を運用する『袖付き』がサイコフレームを製造する設備を持たず、余剰パーツもシャアの反乱(第二次ネオ・ジオン抗争)時にアナハイム・エレクトロニクス社(以下、AE社)が製造していた分が全てとなっており、追加生産はおろか整備もままならない、ワン・アンド・オンリーの機体になってしまっている(中破後の機体を検分したAE社のアーロン・テルジェフは、本機のサイコフレームを「かなり古いタイプですね」と、驚きと共に評しており、「GUNDAM PERFECT FILE」では「シャアの反乱」時にAE社から提供された試作品の流用と推測されている)。

完成された曲線美は誰もが魅力的に感じるポイントです。

完成された曲線美は誰もが魅力的に感じるポイントです。

活きのいいファンネルが今か今かと射出準備を整えてます。

活きのいいファンネルが今か今かと射出準備を整えてます。

機体のグリーンとケーブルのオレンジがマッチして、鮮やかさが際立ちます。

機体のグリーンとケーブルのオレンジがマッチして、鮮やかさが際立ちます。

本体側武装胸部メガ粒子砲クィン・マンサから引き継いで搭載された火器。左右に二基ずつの計四門を搭載。原型機同様に、拡散メガ粒子砲として機能する。マシンキャノン胸部メガ粒子砲の両脇に内蔵された、本機唯一の実弾火器。手首部ビームガン/ビームサーベル袖口に、メガ粒子発振機を外側に向ける形で収納しており、通常はビームガンとして使用。近接戦に移行する際には、マニピュレーターへと射出して、サーベルとして使用する。ビームガトリングガンメガ粒子砲やファンネルは、機体およびパイロットにかかる負担が大きい兵装である為、それらを補助する携行兵装として設計された四銃身式の大型ビーム機関砲。しかしながら、様々な人間達の思惑と、流動する状況により、ユニコーンガンダムがパラオからの脱出時に強奪、以降はユニコーンガンダムの携行武装としてラプラス事変終盤まで使用された。このため、結局クシャトリヤ自体が使用したのは、後述の「リペアード」において、右脚のフレームと一体化させての義足兼用としてだった。(原作小説版の最終決戦においてはクシャトリヤが、手首を喪失した右腕に固定する形で装備している。)バインダー側武装四基のバインダーは同一規格・構造のため、各武装の総数はそのまま四倍したものとなる。バインダー部メガ粒子砲バインダー左右側面に一門、計二門内蔵された高出力ビーム砲。バインダー先端部に砲門を配していたクィン・マンサと異なり、広い射角を確保するのみならず、四基のバインダーでクシャトリヤ本体を全周囲防御しながら、敵機を狙い撃つことが可能となっている。メガ粒子偏向器クイン・マンサから引き続き搭載されている特殊装備。バインダー部ビームサーベルバインダーに搭載されたサブアームに内蔵されたビームサーベル。これに加えてアーム自体も、見た目に違いユニコーンガンダム(ユニコーンモード)を拘束できる程の強度とトルク、そして繊細な作業能力を有しており、奇襲・反撃にも使用可能。ファンネルバインダー内側に六基ずつ収納している小型攻撃端末。カラーリングは機体カラーと同じ緑。(原作小説版では、銀色となっている。)デブリと誤認されるほど小型であり、過去の多くのファンネル搭載機同様、バインダーに戻すことで再充電・推進剤の充填が可能。射出に関しては、バインダー中央を外側に展開し、ファンネルを射出することもできる。劇中ではリペアード状態でファンネルミサイルを発射する際にこの機構が使われている。第一次ネオ・ジオン抗争期に比べれば技術進展によってパイロットへの負担は大幅に低減されたものの、操作に関してはパイロットの資質に依存する面が依然として大きく、またオールレンジ攻撃の対策もマニュアル化されつつあった。このため、一定の優位性は確保していたものの、キュベレイ程の効果を挙げることはできなかった。

本体側武装

胸部メガ粒子砲

クィン・マンサから引き継いで搭載された火器。左右に二基ずつの計四門を搭載。
原型機同様に、拡散メガ粒子砲として機能する。

マシンキャノン

胸部メガ粒子砲の両脇に内蔵された、本機唯一の実弾火器。

手首部ビームガン/ビームサーベル

袖口に、メガ粒子発振機を外側に向ける形で収納しており、通常はビームガンとして使用。近接戦に移行する際には、マニピュレーターへと射出して、サーベルとして使用する。

ビームガトリングガン

メガ粒子砲やファンネルは、機体およびパイロットにかかる負担が大きい兵装である為、それらを補助する携行兵装として設計された四銃身式の大型ビーム機関砲。

しかしながら、様々な人間達の思惑と、流動する状況により、ユニコーンガンダムがパラオからの脱出時に強奪、以降はユニコーンガンダムの携行武装としてラプラス事変終盤まで使用された。

このため、結局クシャトリヤ自体が使用したのは、後述の「リペアード」において、右脚のフレームと一体化させての義足兼用としてだった。
(原作小説版の最終決戦においてはクシャトリヤが、手首を喪失した右腕に固定する形で装備している。)

バインダー側武装

四基のバインダーは同一規格・構造のため、各武装の総数はそのまま四倍したものとなる。

バインダー部メガ粒子砲

バインダー左右側面に一門、計二門内蔵された高出力ビーム砲。
バインダー先端部に砲門を配していたクィン・マンサと異なり、広い射角を確保するのみならず、四基のバインダーでクシャトリヤ本体を全周囲防御しながら、敵機を狙い撃つことが可能となっている。

メガ粒子偏向器

クイン・マンサから引き続き搭載されている特殊装備。

バインダー部ビームサーベル

バインダーに搭載されたサブアームに内蔵されたビームサーベル。
これに加えてアーム自体も、見た目に違いユニコーンガンダム(ユニコーンモード)を拘束できる程の強度とトルク、そして繊細な作業能力を有しており、奇襲・反撃にも使用可能。

ファンネル

バインダー内側に六基ずつ収納している小型攻撃端末。カラーリングは機体カラーと同じ緑。(原作小説版では、銀色となっている。)
デブリと誤認されるほど小型であり、過去の多くのファンネル搭載機同様、バインダーに戻すことで再充電・推進剤の充填が可能。
射出に関しては、バインダー中央を外側に展開し、ファンネルを射出することもできる。劇中ではリペアード状態でファンネルミサイルを発射する際にこの機構が使われている。

第一次ネオ・ジオン抗争期に比べれば技術進展によってパイロットへの負担は大幅に低減されたものの、操作に関してはパイロットの資質に依存する面が依然として大きく、またオールレンジ攻撃の対策もマニュアル化されつつあった。このため、一定の優位性は確保していたものの、キュベレイ程の効果を挙げることはできなかった。

ロンド・ベル隊に属するクラップ級キャロットのMS隊小隊長。記事名の通り、乗機はスターク・ジェガン。設定上の名前もない所謂モブキャラであるが、第1話冒頭にて極めて印象深い活躍をしたことで強烈な印象を残している。

ロンド・ベル隊に属するクラップ級キャロットのMS隊小隊長。
記事名の通り、乗機はスターク・ジェガン

設定上の名前もない所謂モブキャラであるが、第1話冒頭にて極めて印象深い活躍をしたことで強烈な印象を残している。

相当な熟練パイロットであることを窺わせる描写を見せた。しかし、クシャトリヤの両肩に搭載されたバインダー内蔵のスラスターの噴射をぶつけるという奇策で突撃を防がれ、その隙にビームサーベルによってコックピットごと真っ二つにされて撃墜され死亡した。両断された機体からの残留思念から、「袖付きめ・・・」と言い残している。

相当な熟練パイロットであることを窺わせる描写を見せた。

しかし、クシャトリヤの両肩に搭載されたバインダー内蔵のスラスターの噴射をぶつけるという奇策で突撃を防がれ、その隙にビームサーベルによってコックピットごと真っ二つにされて撃墜され死亡した。
両断された機体からの残留思念から、「袖付きめ・・・」と言い残している。

HGスターク・ジェガンの説明書によると、第二次ネオジオン戦争でアムロが駆るνガンダムを目撃し、放たれたフィン・ファンネルによるオールレンジ攻撃のパターンを見たことで、以後対オールレンジ攻撃戦術を構築していたらしい。

HGスターク・ジェガンの説明書によると、第二次ネオジオン戦争でアムロが駆るνガンダムを目撃し、放たれたフィン・ファンネルによるオールレンジ攻撃のパターンを見たことで、以後対オールレンジ攻撃戦術を構築していたらしい。

パイロットとマリーダとの激闘は第1話冒頭で起こったもので、強化人間の乗るニュータイプ専用機に善戦する一般兵という熱いシチュエーションもあり同話の印象的な戦闘として視聴者に強く印象付けられる事となった。

パイロットとマリーダとの激闘は第1話冒頭で起こったもので、強化人間の乗るニュータイプ専用機に善戦する一般兵という熱いシチュエーションもあり同話の印象的な戦闘として視聴者に強く印象付けられる事となった。

コメント

5周年コン
9
NZ-666 KSHATRIYA   VS   RGM-89S STARK JEGAN

NZ-666 KSHATRIY…

低コスト化が進んだ宇宙世紀0090年代後半の機体としては珍し…

4
RX-9/C NARRATIVE GUNDAM B PACKS ANAHEIM ELECTRONIC MULTIPURPOSE TEST MOBILE SUIT ⊕ RX-78 GP03 SSHIELD

RX-9/C NARRATIV…

アナハイム・エレクトロニクス社の要請で、宇宙空間での戦闘能力…

1
RGM-79GS’GM COMMAND SPACE’  EFSF MASS PRODUCTIVE MOBILE SUITS

RGM-79GS’GM COM…

RGM-79GS’GM COMMAND SPACE’ EFS…