GUNSTA

メギドストライクガンダム

メギドストライクガンダム

・機体名
メギドストライクガンダム
・設定
ブルーコスモスがピースメーカー部隊の失敗を鑑み、単機による超遠距離からの高出力ビーム攻撃によるプラント攻略を立案。旧式となっていたストライクガンダムを流用し、エールストライカーパックをベースにアグニやシュラークといった高威力ビーム兵器を発展させたプロメーテウスを装備。
出力はストライカーパックのバッテリーでは足りないため、巨大なリフレクターで太陽光をエネルギーに転換している。
主に超々遠距離からプラントを狙撃し、即座に戦艦へ戻り離脱するという運用を前提としている為、迎撃に使える武器は殆ど無く、作戦の方向性から単機での運用を余儀なくされる。
また腰部に対艦ガトリング砲を2砲装備しているが、これは迎撃用ではなく戦艦に戻る時間を稼ぐ為の物である。

「さぁ、青き清浄なる世界のために背徳の砂時計を浄火してやろう!」
       ーーメギドスストライクガンダムパイロット、ジョージ・ウォーケン中尉

ベースとなるストライクガンダムです。
肩はHGAWガンダムDXの肩をそのまま使用。
ロゴスのロゴは見つからなかったので、それっぽい青い植物のようなロゴ(元はヘキサギアの組織のロゴ)を転用。
メギドということでパーソナルマークは炎をモチーフにしようと思い、HQパーツのファイアタトゥーを使用。

背面は簡素なコーションデカールで構成。
整備風景を考えると、背面は壁についているので重要な部分(頭、肩、背中、腰)のみです。

メイン兵装であるメギドストライカーパック。
肩にセットされているのが超高出力長射程キャノン「プロメーテウス」
背面のリフレクターで太陽光をエネルギーに転換してようやく使えるというトンデモ兵器。
腰にある対艦ガトリング砲は無理やり乗っけただけなので基本的に使わないことを前提としている。

このキット、元に戻せるというコンセプトで作っています。
MGユニコーンガンダムを持っていない為、腰に付けているユニコーンガンダム用ビームガトリングガンは3mm軸を通せるよう穴あけ加工をしていますが、それ以外は余剰ポリキャップとランナーの切り取りで接続しており、バラせば元のキットに戻せるようになっています。

元に戻せる作業その1
エールストライカーパックの主翼をDXのリフレクターに置き換えるための作業。
エールストライカーの黒ランナーからちょうどいいサイズのT字部分になるところを探し出して切り出しました。
ポリキャップも過去に組んだキットの余りからちょうどいい長さのものを選択。
非貫通だったので、ドリルピンバイスで貫通させました。

ガンダム系の顔って小顔で、そこにホイールシール貼るのってもはや拷問レベルだよね。
ってーことで、小さいならいっその事塗ってしまえホトトギス。
ガンダムマーカーのメタリックグリーンで塗装。頭部センサーはメタリックブルーで塗りました。
後地味にこいつの赤いデコはポロリしまくるので、タミヤセメントで溶着しています。

実はストライク本体はガラスパールを吹いています。
が……!初めてエアブラシで行うクリアコート(UVカット+なめらかスムース)で希釈率が雑に…。
結果はアピールショット1を見てもおわかりの通り、ツヤも何もあったもんじゃねぇなっていう。
っていうか梨地になりましたよえぇ。

とりあえず最後に塗装中のものをドン!

マスキングテープで貼ればよかったのに、何を血迷ったかマスキングゾルでリフレクター背面をマスキング。
お陰で剥がすのがめっちゃ苦労した。

  • サイトの埋め込み
  • 報告する

初めてのミキシング&塗装(ガラスパール・ゴールド)&デカール!

コメント0件

新着ガンプラ作品

ジムスナイパーⅡ -近代改修型-

ジムスナⅡをベースにミキシング! 腕と足とバックパックをジェスタにした…

クルクルシュピーン

SDアルトレイブルーフレームD 作ってみました。 塗装下手すぎてハゲた…

デュナメス

MGのデュナメスです! 1週間かけて作りました!

ガンダムファルシオン

名前誰かかっこいいの考えて下さい