GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

HGBD 1/144 ガンダムジーエンアルトロン ~シンダオ~

HGBD 1/144 ガンダムジーエンアルトロン ~シンダオ~

ジーエンアルトロンのアレンジ機体になります。
元々手が遅い(サボりグセもあり…)のと、当初はある程度簡単に
済ませるはずだったのが、やりたいように手を加えていった結果、
ダイバーズコンには全然間に合いませんでしたが、やっと完成に至りました。

ジーエンアルトロンとして、というのを大前提に、
自分なりに感じた改善点を盛り込んでいます。
要は個人的にはジーエンアルトロンのデザインがイマイチ、
という所からスタートしたのですが、後付けの設定として…

一匹狼だった頃の熱を思い出し、龍虎祭でリクとバトルし
成長を改めて目の当たりにしたタイガーウルフが、
再び強さを極めるための新たな道として、ガンプラバカの
言う事にも少し耳を傾け、改修を加えたジーエンアルトロン

…という事で機体名にシンダオ(新道)と付けました。

筆塗りの部分塗装で、シールは不使用です。
メタリック以外の箇所はスミ入れし、半光沢トップコートで仕上げています。
加工はジーエンハングの爪(歯?)やウィングを刃物のような形状を
意識してシャープ化、ジーエンシールドにはディバイダーを
使用して縁取りを加えました。

※タイガくんも愛するGガンダムより、流派東方不敗のポーズ

改善点①:配色

タイガくんの性質を現したデザインゆえか、
使用色や塗り分けなどがちょっと武骨すぎるかなと。
赤系の色の追加と、手甲や胸のワンポイントなどの
塗り分けを追加しました。赤は他が渋めな色なので、
明るめのクレオス ルビーオレンジを使用しました。
もう少しオレンジっぽい色をイメージしていましたが、
これはこれで良いかなと思います。

改善点②:ハング、シールドの配置

狼虎の顎から伸びる龍、背中のど真ん中の盾…
フォルム等好みでは無かったので、背中にジーエンハングを
配置し、シールドはハングと配置を交換しました。

※必殺!雷神散打!!

改善点③:タイガー拳、ウルフ拳の迫力

デザインの改善ではないのですが…
ガンダムマックスターなんかもそうなんですが、
肩アーマーを手に装備する場合、ちょっと小さめに感じるんですよね。
このキットも同様だったので、迫力アップのためフィギュアライズエフェクトを
加工してエフェクトを付けてみました。わかりづらいと思いますが、
エフェクトの根元は裏側に虎狼と同系統の色を塗っています。

ピンを無くすために肩への装着は磁石にしてみましたが、
外した状態にすることはあまりない割に安定性が
落ちてしまったので、ちょっと失敗だったかなと思います。

※五飛のポーズ

メタリック部分は全て黒サフ→ウイノーブラック下地で、
金はクレオス ブルーゴールド、ウルフ拳は
クレオス ムーンストーンパールを使用しました。
カメラ部分はガイアの蛍光クリアを使用したキャンディ塗装で、
龍虎狼の眼や前立て、胸のワンポイントはクレオスのクリスタルカラー、
虎狼の牙はガイアのパールシルバーで塗装しました。

以下制作工程では無いですが、制作時に工夫した箇所になります。

ジーエンハングの設置は、HGキャンペーンの
バックパックアームズを使用しました。
プラ板でハング風の外装を追加しています。
白部分は手元にあったガイア ニュートラルグレー1を
使用しましたが、少し成型色より白っぽいですね。
黒部分は黒ベースでクレオス ファントムグレーを
使用したら成型色とほぼ同じ感じになりました。

スラスターっぽい余剰パーツを加工して
追加バックパックの隙間に差し込みました。
厚みがぴったりだったので、余計な所を切り取るだけでした。

リアアーマーには虎武龍のフォースエンブレム(のはず!)を
描いてみました。下書きが完全に適当なので、そうしたなりの出来ですね。

カメラアイはオッドアイに…!
虎狼の眼も合わせて赤青にしました。
オオカミは金眼のはずですが、オッドアイありきで…

この中二病感もタイガくんの新たな道。
…これはちょっとやりすぎたかなと思います。

最後は五飛のポーズその2
(完全に制作工程と関係なくて恐縮…)

ちょっと長文過ぎたかなぁ…

俺は戦う男。トライファングのタイガーウルフだ!

コメント0件

初投稿はエアブラシ作品でしたが、今のところラッカー筆塗装で頑張ってます。(サフはスプレーに移行中) 塗料は色々、筆はガイアノーツ、溶剤はクレオスのレベリング薄め液が好きです。 好きな機体以外のキットはあまり作らないので、設定色に準じた塗装が基本スタンスで、そこに少し自分なりのアレンジを効かせるのが好きです。 サボるし手は遅いしで、制作ペースは非常に遅く、罪プラを重ねる日々です…