グレイズニヴルヘイム

グレイズニヴルヘイム

鉄華団を含む、ガンダムフレーム機を保有する勢力の出現により、停滞していたギャラルホルンの兵器開発が各地で再開された。それまで抑止力として機能して来たグレイズ・フレーム機だったが、ガンダムフレームの圧倒的な出力を前に、各地で複数部隊が壊滅する結果となった。次世代機「レギンレイズ」と並行して、現存のグレイズ・フレーム機の強化プランの開発が急がれた。

北欧の研究機関では、計画段階で放置されていた複合兵装プラン「スノウバニィ」の再開に合わせ、専用の試験機「グレイズ・ニヴルヘイム」が開発された。

[通常装備] EB-06/n GRAZE NIVRHEIMは、複合兵装「スノウバニィ」の試験運用に耐えうる剛性と拡張性を持たせた、EB-06の改良機で有る。EB-06同様グレイズフレームでは有るが、胸部のフレームのみ専用の物に置き換えられており、上半身のバランスが改められている。
兵装試験機と言う位置付けだけあってか、全身には様々な兵装を装着できる様に多数のハードポイントが追加されている。しかしながら、ベース機の機動性や運動性は失われておらず、背部の推進器は肩と腰部で内蔵式に、脚部では逆に着脱式に変更されることで、追加武装の為のクリアランスが確保されるに至った。ただし、肩周りの可動域は若干低下している。
[武装] 実戦にも積極的に参加していた当機は、運用データとパイロットの保護の観点から、グレイズ用のシールドを機体各所に三機装備している。 また、グレイズライフルには防弾カバーがなされており、損傷率の高い銃身のサバイバビリティーを向上させている。 MSサイズの日本刀もオプションとして用意されているが、担当パイロットはイマイチ扱いきれず、十分な運用データが取れなかったためか、以降、他の部隊で配備された記録は残っていない。
[試験兵装] その見た目が、ウエディングドレスの引き裾を連想させることから、主に「トレーン」と呼ばれるスカートユニット。 中央のリアスカートにブースターユニットと二機のプロペラントブースターが装着され、プロペラントブースターのさらに外側にスラスターユニットが装備されている。 それぞれが単体で機体各所に装備出来き、スラスターユニット単体での運用時は主に両肩のシールドの代わりに装備される。
空間における作戦時間を従来機の数倍にまで延長でき、長距離での運用に十分対応できる。スラスターユニットは姿勢制御を格段に向上させるほか、地上で運用する際にはホバー走行も可能。 トレーン自体は比較的安価で製造は出来るものの、運用コストは高く、マイナーチェンジされた物を配備する計画も進んでいる。
脚部増加装甲。本装備もサバイバビリティー向上の為に用意された。 ライフルカバーや脚部増加装甲はバクラザン家の一部部隊にも採用され、配備が進められている。
[高機動形態] 腰部に複合スカート「トレーン」と、トレーンの物と同型のプロペラントブースターを更に二機装備した高機動形態。 シュバルベグレイズを凌駕する立体的な飛行、航行が可能となるが、積載重量のキャパシティがかなり余っており、運用はパイロットへの負荷が非常に高いため、この形態での出撃は一度に留まった。
[強襲形態] 高機動形態に、機体両側に展開する大型アームを装備した形態。戦闘能力が一気に跳ね上がるうえ、機動力は高起動形態から然程も低下していない。左アームはミサイルポッドを20機内蔵しており、各機に大量のミサイルや複数種の特殊弾頭等が搭載されている。
右アームには大型のガトリングを2門装備。銃弾はグレイズライフルと同口径のものを使用しているが、連射性はそれと比べ物にならず、継続して敵機を捉える事でナノラミネート装甲を徐々に蝕む。両アーム中央部には脚部増加装甲が推進器を保護する様に装着されている。 戦術としては、ミサイルによる弾幕を複数回展開し、周囲の敵機のナノラミネート装甲を削り、ガトリングで各個撃破する。
[複合兵装「スノウバニィ」] 強襲形態から更に、大型コンテナ4機とセンサーユニットを装備した形態。 コンテナには、ファリド家からもたらされたMA「ハシュマル」の頭部の技術を応用したビーム砲等のオプションが用意されている。革命軍が組織された際は、バクラザン家の指示で、革命軍へのビーム砲の技術提供は行われなかったとの記述も残っている。
ビーム砲ユニットを内蔵する際は、それぞれ専用のエイハブリアクターも同時に搭載されるが、それでも連射は不能である。 センサーユニットは、レドームや大型のアンテナ等を備え、戦艦並みの索敵能力と通信機能を確保している。
コンテナの用途は様々で、ミッションに合わせて内容物を自由に変更することが可能で、本形態では中の二機がビーム砲、外の二機が、ミサイルポッドとブースターユニットとして機能している。 スノウバニィの由来は「雪うさぎ」の意ではなく、エケベリア科多肉植物「スノーバニー 」から名付けられたとされており、計画段階から、スノウバニィの葉一枚一枚のの様に、個別のユニットを組み合わせ、換装によって自在にその姿を変貌させる構想からその名を冠した。
以下おまけ。ニヴルヘイム建造中の様子。 より某オモチャ箱しい。
こちらは強襲形態初期プラン。主に滑空飛行からの強襲等、大気圏内用の装備プランの1つ。
幻のグレイズニヴルヘイム最終形態(廃案) 各モジュールが当時の技術ではかなり大型化してしまい、機動性・整備性・運用コスト・製造コストなどが理想の基準値に満たなかった為に廃案、放置されるに至った幻のプラン。
最後はスタックディスプレイ。 狭い撮影スペースには綺麗に入りきらない物量となりました。 ここまでお付き合いありがとうございます! 全文読まれた方、少しでも面白く思っていただけたなら幸いです。(●´ω`●) 今後もオプション頑張るのでまたご覧あれ!
  • サイトの埋め込み
ロマン重視の作品です、みませい( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

コメント16件

  1. ゼアノート☆プチッガイマイスター 2年前
  2. Wez@Caitsith 2年前
    • chiqa 2年前
  3. ぱんだだ 2年前
    • chiqa 2年前
  4. KOU 2年前
  5. ta-zu 2年前
    • chiqa 2年前
  6. あのメイス 2年前
  7. まるいるか@Maru_Iruka 2年前
    • chiqa 2年前
  8. 省略 2年前
    • chiqa 2年前

よくスクラッチしてます。グレイズしゅき。皆さんフォロバしてます!

ダブルオースカイHWS+

ダブルオースカイHWS+(プラス)として、決戦装備のHWSに加えオリジ…

関連ガンプラ作品

HG フレック・グレイズ

パスワードをリセットして、ようやく再ログインができました、ゆうメガです…

Gの影忍フルクロス

ビヨンドグローバルをベースにGの影忍ぽい改造+オリジナルの追加装甲を制…

ASW-G-49 ガンダム・クロセル

新作が出来てしまいました。暇だったらでいいんで見てってぐださいー٩( …

リゼル×クシャトリア 全塗装スクラッチ

1.リゼルのバインダーを4枚にしてクシャトリア感を 2.胸やバインダー…