• 264
  • 2
  • お気に入り
  • メニュー

シナンジュ・アインツェルゲンガー

HG 1/144 シナンジュ・スタイン(ナラティブ Ver.)
「トップガン マーヴェリック」で主人公が乗り込むF/A-18、グレーの機体色に黒と水色のラインにグッときた時にちょうど手元に届いたこのキット、さっそくエングレービングを水色に塗ってイメージを寄せてみました。
※名前はマーヴェリックの由来「一匹狼」のドイツ語より

「袖付き」意匠の水色は水性マーカー「ポスカ」の極細で。その他の部分塗装も全てマーカー。不器用なアタシには筆よりも塗りやすいのですよねぇ。またチラリと見え隠れする関節部分はタミヤさんのウェザリングマスターのガンメタルやシルバーを擦り付けています。

「袖付き」意匠の水色は水性マーカー「ポスカ」の極細で。その他の部分塗装も全てマーカー。不器用なアタシには筆よりも塗りやすいのですよねぇ。
またチラリと見え隠れする関節部分はタミヤさんのウェザリングマスターのガンメタルやシルバーを擦り付けています。

赤いシナンジュとは大きく異なる鋭角的・多面的なデザインが魅力的に感じましたので、直線部分をタミヤさんのウェザリングマスター(WW2 米海軍機用)で強調してみました。腰のフロント・アーマーは凸部分の平面にも擦り付けて若干色味を変えたことで、凹凸感がハッキリ出るように意識してみました。

赤いシナンジュとは大きく異なる鋭角的・多面的なデザインが魅力的に感じましたので、直線部分をタミヤさんのウェザリングマスター(WW2 米海軍機用)で強調してみました。腰のフロント・アーマーは凸部分の平面にも擦り付けて若干色味を変えたことで、凹凸感がハッキリ出るように意識してみました。

額やライフルのセンサー部にはハイキューパーツさんの「オーロラシール」を。MS本体は艶消し、武器は艶ありで仕上げています。

額やライフルのセンサー部にはハイキューパーツさんの「オーロラシール」を。MS本体は艶消し、武器は艶ありで仕上げています。

メイン写真とこちらはLEDの照明(雑誌の付録)を当てず、アピールショット1〜3は照明ありで撮影。色味が変わらないLED照明、入手を検討しています。

メイン写真とこちらはLEDの照明(雑誌の付録)を当てず、アピールショット1〜3は照明ありで撮影。色味が変わらないLED照明、入手を検討しています。

トップガン マーヴェリックで主人公が乗り込むF/A-18、グレーの機体色に黒と水色のラインに惹かれて、イメージを寄せてみました。

コメント

  1. meg-ocero 1か月前

    ポスカの水色良い色ですね。マーカー塗りとしてチェックさせて頂きます☺️

    • SOMY 1か月前

      コメントありがとうございます☆ 下地の黒に負けず、しっかり発色してくれました。色数は限られますが、ポスカの特に極細は筆塗りが苦手なアタシには頼れる相棒です。