GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

フリーダム・S

フリーダム・S

ZGMF-X10A・S フリーダム・S

ザフトが奪取したガンダムの内、デュエルガンダムと、戦闘データの解析を元に得たストライクのデータを基軸にフリーダムガンダムの試作機として製作された機体。 機体本体はストライクを元に作られ、腰部にはフリーダムと同じクスィフィアスレール砲が確認できる。設計段階ではニュートロンジャマーキャンセラーが開発されておらず、機体本体には核エンジンが搭載されていないが、Nジャマーキャンセラー完成後にストライカーパックを改造、内部に核エンジンを搭載することによってエネルギー問題を解決している。 テストしたという事実と設計図は存在するものの、本機体や関わった人物等は不明で、ゲイツ改のガセデータなのではないかと考えられていた。 しかし、ヤキンドゥーエ攻防戦が行われた際に、地球で地球連合軍によるザフト基地の民間施設襲撃が行われた際に民間施設を防衛している姿が確認されている。

機体コンセプトは「高機動で敵旗艦に接近し襲撃、その後使い捨ての武装を駆使し付近のMSを撃破し本体と合流」という、いちMSには無茶苦茶すぎる物であった。しかし、連合のGシリーズと核エンジンが搭載可能になったことでそれらが実現、フリーダムが万能性の高いMSだったのに対して試作機である本機は近接戦を圧倒的に重視されていたものとなっている。ストライカーパックを取り入れつつ、フリーダムのバックパックを装備させたため、最大速度はフリーダムを上回り、加速性能だけを考えるとストライクフリーダムを越えると考えられる。しかし、そのGにパイロットが耐えられるかは別であり、最大加速時には18Gがかかると考えられ、コーディネーターでも使用不可、リミッターがかけられていた。
他性能は装甲値を除きフリーダムやジャスティスとほぼ同じであり、同型のルプス・ビームライフル、ラケルタ・ビームサーベルを装備しており、専用オプションとしてハイビームナギナタ、ビームブレイド×2、ストライカーパックのビームサーベル×2、イーゲルシュテルンがある。 高機動を主軸として考えられている機体であるため、シールドは装備しておらず、装甲等もストライクよりなため、耐久性は少し劣っている。が、その高機動により「被弾しなければ問題はない」を地でいっており、熟練のパイロットなどに支給されることが考えられていたと思われる。

名前の「S」はいくつか説があり、フリーダムの近接形態使用という扱いで「ソード」からとったというもの、ストライクからとったもの、原石という意味合いをもつ「スタイン」からとったというものがあるが、何れが本当かは不明。

というIF設定でヒビキの親友、シンヤが製作したフリーダム・Sです!ビルドファイターズオリジナル外伝の第三機目! サープラスに援護を頼み、前線で戦い抜けるコンセプトの機体に仕上がっており、燃費はかなり悪いものの、機動性と破壊力は抜群であり、サープラスの安定した援護との組み合わせは非常に凶悪。

見ての通りフリーダムとストライク(ルージュ)のミキシングとなっています。ストライク売り切れてたのでルージュ買ってきました。 塗装はνガンダムをイメージ。製作理由は「ディスティニーインパルスがあるのにフリーダムストライクは無いのか!」ですね笑 IWSPだったりオオトリ辺りがフリーダム要素って考えられますけど、欲張りに翼乗っけてみました。バックパックは改造してフリーダムの翼をまんま付けて、腰もそのまんまです。

前から構想はあったんですけどなかなか作る機会がなく、今回のSEEDコンで「今しかない!」という事で製作を決意。考えはまとまってたのでかなり早く完成しました。
感想やコメント等頂けるとありがたいです!勿論返信もします!

素立ちで
肩にはナギナタ用の収用ラックを自作し、ビームライフルも装備できるようにしています。胸部にも装甲を増設。少しだけ見た目が変わっています。

ハイビームナギナタとルプス・ビームライフルで

フルバーストモードも可能で、戦艦複数に同時に攻撃を行う際に効果的と考えられる。

ラケルタ・ビームサーベルとハイビームナギナタで

ストライカーパックを外した状態。
ストライカーパックに核エンジンを搭載しているため、バックパックが被弾、大破した場合、予備バッテリーを搭載した本体のみでの短時間戦闘を余儀なくされその状態ではビームライフルは勿論、レール砲も発射が困難であると考えられる。

フル装備での後ろ姿

ビームブレイドで

長刀としても扱え、ビームダガーのように短剣としても扱える。

ハイビームナギナタはプラズマエネルギーを電磁場で形成し高熱で焼き切るものとなっており、コズミック・イラで一般的に使われてるビームサーベルと大きく性質が異なる。 ビームサーベル同士は干渉せず、すり抜けるが、ハイビームナギナタはビームサーベルと干渉、フリーダム・Sのパワーであればビームサーベル事叩き切ることも可能であったと考えられる。
ビームブレイドは普通のビームサーベルの出力を向上、厚く形成したもので、ビームコーティングが成されたシールドであっても容易く破壊できたと考えられる。
これら二つの武装は高性能であったが、機体コンセプト的に紛失する可能性の高い武装でありながら、とてつもない高コストであったため他機体には用いられていない。(MS1,5機分のコストであったと考えられる。)

塗装前となります。 これはこれで良いような気もしなくないような~

自由の名を冠した剣が宇宙を翔ぶ

コメント0件