GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

高機動型M1アストレイ(長期戦仕様)

高機動型M1アストレイ(長期戦仕様)

第二次ヤキン・ドゥーエン攻防戦後、オーブがムラサメを開発を進めると同時進行で既に量産化が進んでいたM1アストレイを高機動型にするという計画で作られた機体、コストやパイロットの操縦技術が難しいなどからムラサメが実用化されたため少数のみの生産で止まってしまった…
っという設定の元作った機体です
大型と小型のタンクをそれぞれとシールドの裏には予備のマガジンもつけているため母艦に戻る回数が大幅にカットされています
ほとんど素組みです、ビルダーズパーツパーツのタンクやウェポンのスラスターなどを付けました、腰につけてあるのはバルバトスルプスの腰についていたものを移植しました、初のスプレー塗装のため所々汚いですが暖かい目で見ていただけると幸いです

バーストレールガンを構えた状態です
レールガンと言ってもSEEDの機体なのでビームってことにしてます

背面になります、スラスターやタンクなどを普通のM1アストレイに増設しました

もちろんキット(M1アストレイ)についてる、ビームライフルも持つことが可能です、シールドの裏にはバーストレールガンの予備のマガジンもつけています

キットについてある対艦刀も腰のスラスタのーと取り替えが可能です

足にはコトブキヤのダクトノズルを付けています(比較のため写真は片足のみ)

塗装のみの状態です、追加のスラスターなども何もつけてなく、キットのものだけです

パーツ(乾燥済み)を回収した時の画像です、初めてのスプレー塗装だったので塗れてないところとかもありますがご了承ください

スプレー缶はこの2種類を使用しました

ガンスタ初投稿なのでこんな感じで良いのか不安ですが楽しめました

コメント2件

  1. @kira_youkotori 4週間前
    • sph-スフ 4週間前