GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムスパークリング

ガンダムスパークリング

渡辺曜第3の機体。セイリングフリーダムを元にストライクの腕部と頭部、フリーダムの脚部をミキシング。また、バックパックにスカイハイウイングスを使用。コンセプトは「高機動近接格闘型」で、カラーリングと背部ウイングはラブライブサンシャインの映画の挿入歌「Next SPARKRING!! 」をイメージしました。

フロントショット。
頭、腕、脚、背部ウイング以外は前身となるセイリングフリーダムなのでカラーリング以外はそこまで変わらないです

バックショット。ウイングの取り付け部はHGデスティニーのウイングのパーツの一部を使用。これによってスカイハイウイングス専用のパーツを付けずともバックパックに装着可能に。

武装
対MS用大剣「ダインスレイウ」
ラケルタ・ビームサーベル
背部ビームキャノン

ダインスレイ「ヴ」じゃないよ、ダインスレイ「ウ」だよ!w
SEEDシリーズは神話や伝承の武器の名前から取るのでダインスレイウも同じように。剣の刃が血糊みたいなんでね…
移動中でも両手をふさぐことなく撃てるよう遠距離武器は背部のビームキャノンのみ。腰部は完全にブースターのみの役割となり、ブライテストガンダムにも負けない速度を可能に。

ダインスレイウはガンダムマーカーのシャアレッドを塗り、その後直ぐにティッシュで吹き、濃過ぎず薄過ぎずになるようにしたつもりがなんとも言えない濃淡に分かれたw

ダインスレイウは取り外して手に装備可能。リーチが短くなった分取り回しが良くなり、縦横無尽にMSを切り尽くす

HGCEエールストライクと大型ソードを買ったのでそれをモチーフに作ろうと思った最初のやつ。この時点で「Next SPARKRING」っぽく、なおかつ「高機動近接格闘型」のコンセプトは頭の中にありました。

高機動近接格闘型とはいえ射撃武器無しはキツイだろうと思い、セイリングフリーダムからビームキャノンを拝借。右腕もストライクに戻したけどインパクトが足りない…

最終的にはセイリングフリーダムのバックパック含め、胴体ごと拝借。拝借したパーツのみ塗装して現在に至る。

缶スプレーはサーフェイサーのグレーとホワイト、パールイエローを使用。カラーリングのイメージはダ・ヴィンチの表紙にある「Next SPARKRING」の衣装を元に、部分的にパールイエロー。表紙を飾る渡辺曜ら2年生組は右肩のほうにも羽根が生えかかってる感じなので、バックパックのウイングは片方だけあのような感じになりました。

種コンなのにラブライブ出しすぎだろとか思っても、同サンライズだから許してw

コメント0件