GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

令和元年最新作
ザクスナイパーI ヨンム・カークス機

ザクスナイパーI ヨンム・カークス機

ザクスナイパーI・カークス機です。

オリジン版ザクIをメインにザクスナイパーとティルトローターを合わせました。

本体Mr.カラー、グレー部分メカサフで塗装し、ダークブラウンでウォッシング後、ハルレッド、クリアーオレンジ、クロムシルバーでスポンジチッピングしました。

念願のエアブラシを購入してドキドキしながら作りました。
どうやらウォッシング前のクリアーが不十分だったようで、ウォッシングがデカールと本体の間にも流れてしまいました。クリアーは見づらいので難しいですね。

UC時代の旧ザクということで、強めに汚してみました。ティルトローターは第一次ネオジオン抗争の時の物と考えて、本体に比べて控えめにしました。

ティルトローターの上部にはレドームをつけました。コックピットはラピーテープの上にUVレジンを入れてます。

地上から狙撃することもあると思うのでニーパッドもつけてます。ライフルはザクIの対艦ライフルの先端とケーブル差込み口を変更しました。

バーニアはシルバーの後、クリアーオレンジ、クリアーブルーで焼き表現をしてみました。中にはメタルビーズを入れてます。

降下後でも離脱できるようにフックをつけました。

プロペラ同士がぶつからないように翼は延長し、機銃をつけました。頭部バルカンはメタルビーズ、アンテナは虫ピンさしてます。

ティルトローターはプラ板で箱形にしました。
足のアポジモーターは開口してビーズを入れました。

プロペラは丸く切ったプラ板をリューターにつけて回し、デザインナイフの裏側で傷をつけて再現しました。

散開しろ!次が来る!

胴と腕が離れてるように感じたので、ポリキャップを切って、近くなるように。
ヒザ関節の干渉する部分を削って、ややS字立ちができるように。
股をハの字に開くと干渉するのでプラ角棒に代えました。

ヒザ、バックパックの後ハメとティルトローター本体。

ライフル加工とプロペラ基部の後ハメ。

今回使った塗料。
関節はメカサフのスーパーヘヴィです。

ウェザリング難しいですが、楽しかったです。

コメント2件

  1. さちヲマスク 3週間前
    • monmo 3週間前