GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムキマリスノート・アイアス

ガンダムキマリスノート・アイアス

ガンダムキマリスヴィダールの改造機
キマリスノートシリーズ4番目の機体
序列は「A」
これまでのキマリスノートシリーズとは違い、キマリスヴィダールの正統後継機というコンセプト
ヒットアンドアウェイの戦法はもちろんだが、本機の最大の特徴は四枚に増加した盾である。これにより、肉弾戦も可能となるだけどなく前線の盾役としての機能も果たせるようになった。
また、盾を含む全身に鋭利な突起物があるため武器がなくなってもそれらで指すことが可能。
そのような見た目から本機は「ハリネズミ」や「サボテン」、「全身凶器」などと呼ばれるが、主なアダ名は「四枚盾」である。
アイアスとはトロイア戦争の英雄でアキレウスに次ぐ大英雄、鉄壁の防御を誇った。

前から見た図

後ろから見た図

2連スピア「ロンギヌス」
従来のドリルランスでは、盾を展開した時に動きづらいため少し小型化された

小型アックス「ペンテシレイア」
威力があり小回りがきくがリーチが短い

小型シールド
AGE2マグナムのものと同じ用途で使う

自立防衛盾「ザッハーク」
盾であり攻撃兵器であり、ブースターであり、射撃兵装である
4枚それぞれが独立稼働しており、防衛なら防御、攻撃なら攻撃といった単純ながらも自動で動くことが可能
また、ダインスレイブはオミットされているが、代わりに盾から通常弾を発射可能

また、ドリルニーも健在

キマリスヴィダールはどちらかというと丸みを帯びていたが、今回はかなり尖らせてみた
主にプラ板を用いて先端を尖らせたりなど

色もこれまでのキマリスノートとは違いのキマリスヴィダールに近づけた

塗装前はこんな感じ
ちなみにトゲトゲしすぎて普通に痛かった

「四枚盾が動く」

コメント0件