GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

令和元年最新作
行くぜ❗️魔王獣‼️

行くぜ❗️魔王獣‼️

HG RX-78-2 ガンダム(ユニクロ限定)を
本体に 自宅にある 予備パーツ
トライオン3とガンダムアメージング
レッドウォーリアを 使って
小型スーパーロボット
トライエース
制作しました。

トライエースの 左斜め アピールショット❗️
今回 使用した ユニクロ限定
ガンダムは 通常版 HG ガンダム
021番目のガンプラでしたので
初めて 作ったので 本体の素組みに
苦戦しました。
また 胸のライオンさんは
1度バラして プラ板とパテで
改修しました。

頭部のアンテナは トライオン3の
アンテナを使用しました。
また 肩のパーツは HG ZZガンダムの
パーツを使用しました。
また 腰のパーツも ZZガンダムの
パーツを使用して プラ板やパテを
使って 加工しました。

背中のエースキャノンは
リクトライオンのパーツを
そのまま 使用しました。
左の小型シールドは
ガンダムアメージングウォーリアの
シールドを使用しました。

トライエースブレードは
HG パーフェクトストライクガンダムの
大型対艦刀・シュベルトゲベールを
使用しました。
なお 予備パーツの為、下側のレーザー刃
無いです。

右腕のビームサーベルは
アメイジングレッドウォーリアの物を
使用しました。
また 足の甲は レッドウォーリアの
パーツを取り付けました。

必殺❗️トライ一文字斬り‼️
魔王獣 ズゴックに 斬りかかる
ショットです❗️

トライ一文字斬り❗️
アピールショット パート2‼️

エースキャノンを 魔王獣 ズゴックに
撃つシーン❗️
エースキャノンは
リクトライオンのパーツを
そのまま使用しました。
上手く 稼働して良かったです。

クレオス サーフェイサーを
吹いた 制作工程です。

トライエースを プラ板やパテなどを
使用して 加工した 制作工程です。

トライエースの素組み
制作工程です。

トライエースの塗装工程です。

トライエース スミ入れと
手直し加工の工程です。
胴体のライオンさんを
少し手直ししました。

トライエースの水転写デカールを貼り
工程です。
胴体のライオンさんには
水転写デカールは 貼りません
でした。
主に 水転写デカールは
バンダイ製の物と 他のメーカーの
物を使用しました。

今回は ユニクロ限定の ガンダムは HG 021番目のガンプラは 作った事がないので 手こずりました。 普段から HG リバイブ版 ガンダムを 作っているので 正直 色々 苦労 しました。

コメント0件