GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

REB-099 オルフェ・ディアス

REB-099 オルフェ・ディアス

Twitterでも告知していた鉄血版リック・ディアス。ベースは、ヴィダールですが、装甲の一部にジャンクパーツを使用しています。

オェーザの士官用量産型MS。内部のガンダムフレームは新規開発で、装甲には、テイワズからもたらされたナノラミネートアーマーγを採用しているため、外見に似合わず、身軽である。型式であるREB-099は、タイタン及び、ギャラルホルン正規軍を欺くためのものであるため、本来の型式は、EBA-009である。また、開発当初の名称は、ガンダムガンマだったが、オェーザ所属のケイナオ大尉の意見で現在の名称になった。コクピットは頭部に移動している。

マルチバズーカ
BFティマット社が開発した実弾兵装。
弾頭を変更するができるため、様々な任務に使用することができる。敵機の鹵獲を主体としていたオェーザを象徴する武器である。

ビームカービン
BFフォア社が開発したビーム兵器。アスタロトMk-IIのビームライフルと比較すると、威力が弱いが連射性と取り回しが利くうえ、ナノラミネートアーマーを溶解することができる。

ビームサーベル
ナノラミネートアーマーを切断できる威力を持つ格闘兵装。アスタロトMk-IIのものと出力は変わらないが、柄部分が長い。1本だけ装備している訳は、格闘戦メインの機体ではないことを示唆する。

ビームライフル
ギャラルホルンが開発した量産品。外見はヴィダールのライフルに似ているが関連性は不明。あまり使用されなかった。

初期段階
手首と肩装甲に負担が掛かったため、装甲の一部とバズーカのサイズの調整を行った。

塗装前
脚部装甲をアスタロトオリジンに変更。
バズーカを短くし、バルバトスルプスの足のパーツを使って形を調整。

前作のアスタロトMk-IIとツーショット。互いのモチーフは、リックディアスとガンダムMk-II。

ビームサーベルは腰部に装備します。
エイハブリアクターは3基。

鉄血版リック・ディアス

コメント0件