GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

グレイズ・スピーダ

グレイズ・スピーダ

マックベイさん主催の春のグレイズ祭り参加作品です。

コンセプト:地上用高機動型近接戦闘機
使用キット:グレイズ、シュヴァルベグレイズ、グレイズリッター(カルタ機)、流星号(グレイズ改弐)、MSオプションセット9
塗装:ラッカー塗料、クリアー、ラッカー塗料、プレミアムトップコート(半光沢)の4層。最後のコート以外は全て筆塗り、最後はスプレーにて行っております。

設定:エドモントンの戦い後、現行汎用機のグレイズでは今後発展していく戦闘には耐えられないと考えた開発部は新たな汎用機を設計することになった。
最終的にレギンレイズが正規採用されたが、その対抗馬とされたのがこのグレイズ・スピーダである。
レギンレイズは耐久性や重武装を重視したのに対し、こちらは機動性を重視したものになっている。
フレーム自体はグレイズのもののため基本コストは安く一部の仕官には高い評価を得たが、それ以外の理由により正規採用とならなかった。

脚部はシュヴァルベのものにグレイズリッターのブースターを併設することにより、より立体的な機動ができるように設計されている。
カラーリングはグレイズとほぼ逆のカラーパターンになっており、また若干暗めになっている。

バックパックにはナイトブレードを懸架可能。高機動化のため、他の機体よりも凝ったブースター配置になっている。
性能面は高い評価が得られたが、このブースター数がコストを高騰化させ、汎用機としては向かないため採用されなかったとされている。

ライフルはショートバレルのものを選択
近接戦闘がメインなので、照準で狙うというよりサブマシンガンのようにばら撒きながら接近する。

主兵装はナイトブレード・Ⅱ
通常のナイトブレードは式典でも使用するものだが、こちらは純粋に戦闘用のものとして先端をシャープ化し、装飾を簡略化している。

左手甲はハンドライフル
口径は通常のライフルと同じだが、発射機構が簡略化されているため射程が短く、どちらかと言えばパイルバンカーのように扱う。
また、元はシュヴァルベグレイズと同じものなので、使用者によってワイヤークローにも変更できるよう設計していたといわれている。

ブースター部
シュヴァルベの腰部を改造し、フライトユニットとグレイズ地上型のブースターを設置。脚部と肩部も含めて計9基のブースターにより現行の機体よりをはるかに上回る機動性を有している。
ただし、極端な高速化によりまともに操縦できるパイロットが少ないため、前述の高コストの件と共に採用されなかった要因とされている。

全パーツに下地としてMr.カラーのパーカッションジュラルミンを塗装しているため、接合部等で塗装が剥げたとしても多少見栄えが良くなるようにしております。
カラーリングは90式戦車をイメージカラーとして、グレイズのカラーの逆パターンっぽくなるよう配色しています。
また、写真は残っていないのですが、ブレードとつま先をシャープ化し、一部ではありますが肉抜き穴をパテ、プラ板にて穴埋めしております。

初投稿&人生初ミキシング作品です。多少粗削りですがよろしくお願いします。

コメント4件

  1. ZITANIC(ジタニック) 5か月前
  2. FF21S 5か月前
    • rikuyav2 5か月前