GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ジオンチーム
AMS-129F ギラ・ズール(後期生産型)

AMS-129F ギラ・ズール(後期生産型)

袖付き壊滅後、アナハイムエレクトロニクス社が反連邦組織に供給するために開発したマイナーチェンジ機。
左肩のアーマーをスパイクアーマーに変更したことで、MS-06系統を彷彿とするデザインになったため、一年戦争時にザクIIのパイロットだった兵には好評だった。また、袖付きの象徴だったエングレービングは黒に塗り潰されている。

ジオンのマーキングがないという危機的な状況を打開したのは、ミゲルジンのマーキングシール。違和感ないから助かった。

ザクII後継機のコンペは、ハイザックの勝利。ザクIII涙目………
マラサイに近いギラドーガに対して、ギラズールは、ハイザックに近いデザインやな。

一番人間に近いデザインのモビルスーツだと思う(断言)

同じジオンチームのザクII改と。
デカっ!!

スパイクは、ビルダーズパーツのMSスパイク2を使用。足に刺さると痛そう………

仮組み。やっぱりザクの系統のアーマーはスパイクアーマーに限る。

先祖帰りしたザクの集大成

コメント0件