GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

連邦チーム
RGM-79KC ジム・インターセプトカスタム(白上フブキ機)

RGM-79KC ジム・インターセプトカスタム(白上フブキ機)

1年戦争時、ジオン公国軍のエースパイロットとして活躍したフブキ中尉は、戦後連邦へ投降した。連邦側はフブキ中尉の技量を買い、彼女を月面におけるジオン残党掃討任務に着かせた。その際、フブキ中尉はこの「ジムインターセプトカスタム」を受領し、カスタマイズして運用した。

ザクと同様の質量バランスを取るために、両肩にはザクと酷似した形状となっている。また、右肩はシールドというより左肩アーマーのカウンターウェイトや武装懸架としての目的が強かった。(元のザクでもシールドとしての意味は強くなかった)

ちなみに、本来であれば右肩のシールドも白に塗装される予定であった。しかし、フブキ中尉が余りに多くの武装を使い分ける武器オタクであったため、塗装まで予算が回せなかった。(白上部隊の資金は決して少なくはなかった)

後に全天周囲モニター等の近代化改修も行われる。その際、フブキ中尉の反応速度に追随できるよう、マグネットコーティングも施された。これによりグリプス戦役時の第三世代MSとも互角に渡り合ったと言われている。また同戦役時にはガンダムMk-2と同型のバズーカを愛用し、Zガンダムのハイパーメガランチャーの実戦テストも担当していた。

元機体です。

こちらにも投稿したのでぜひとも

コメント0件