GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ZGMF X-42SR エルウィング

ZGMF X-42SR エルウィング

メサイア攻防戦後、シンアスカの後継機としての位置づけにしました。
デスティニーの性能を徹底的にブラッシュアップし、各部のOS変更に伴い、翼は白く、紅炎翼から蒼炎翼に変化
追加武装に二振りの高周波振動ブレードを装備
さらに近接戦闘に特化した機体となった。機動力はデスティニーの3倍以上となり、機体スペックを最大限引き出せるのはシンアスカのみである。
機体名とカラーリングは、某サイト小説から参考にしています。

まずは素立ちから腕と胴体、首をそれぞれ延長して、フロントアーマーを3㎜短縮しています。
羽は、機体の青と同じ色でグラデーション塗装しています

いつもは素立ちのみですが、塗装剥げ覚悟で何枚かポーズを
機体カラーに合わせて、光の翼を青のグラデーションに変更しました
取り付けはヒヤヒヤしますね

パルマフィオキーナは設定上は左手のみ
右手はオミットし、空いた余剰スペースに駆動システムを強化し、片手でもアロンダイトを使用可能 これにより、近接戦闘の拡充を図った

MGの箱絵をイメージ
良く動くのでポーズが決まりますね
ただ塗装剥げが恐怖です

アロンダイトと長射程ビーム砲
カラーリングを白とグレーの2色に変更し、本体との統一感を意識しました
ビーム刃はグラデーションをつけています。

各間接強度を固めに調整しているので、保持力も問題ありません

追加武装の高周波振動ブレードです。
鞘に充電機能があり、納刀時に充電され、一定時間運用が可能
刀、鞘、懸架アームは全てプラ板で自作しました

以前作成したデスティニーとの2ショット
最新のデスティニーだけあって素晴らしいプロポーションですね
やはり、翼の再現は本家にはかないませんね

いつもは、エフェクトパーツまでは塗装しないんですが機体の設定に合わせるため、塗装しました 光の翼のグラデーション塗装は上手くいったかな 評価、コメントいただけるとうれしいです

コメント2件

  1. しゆう 1か月前
  2. 副店長 1か月前