GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ジムⅢストライカー

ジムⅢストライカー

型式番号RGM-86FP
頭頂高18m
本体重量46t
出力1,880kw
推力120,000kg

ジムⅢのパーソナルカスタム機で、一年戦争末期に登場したジムストライカーのコンセプトをジムⅢのレベルまで昇華させた機体

全身を包むウェラブルアーマーによって耐弾性を向上させている
ワンオフ機であるためか、本機のウェラブルアーマーには贅沢にもガンダリウム合金が使用されており、その耐弾性能を際立たせている

加えて、脹脛部に追加されたスラスターと通常より20%出力を強化されたジェネレーターにより機動力が上昇し、重量増加による機動性低下を打ち消す以上の能力を得ている

ただし、接近戦に特化した改修により原型機が持っていたオプション装備のマウント機能はオミットされており、やや汎用性を欠いている

武装にはビームライフル、100mmマシンガン、頭部バルカン砲2門、ビームサーベル2基、ツインビームスピアが与えられている

特にツインビームスピアによる格闘能力の高さは凄まじく、一年戦争時に於けるネメシス隊のユージ・アルカナ中尉が駆るジムストライカーを彷彿とさせる性能を見せつけた

ジェガンタイプへの機種転換が進み旧式化しつつあったジムⅢであったが、この改修により限定的ではあるが、ジェスタタイプにも引けを取らない程の能力を獲得した

…以上妄想設定の垂れ流しでした。

着工
何を思ったのか塗装もしてない仮合わせの段階で接着するという大ポカ

20%
まだどう切り貼りするか思案中。
早くも疲れが見え始める。

50%
腰部パーツの一部にジムストライカーの物を使ったせいで成型色のまま組む事が不可能に。
大慌てで白スプレーを購入し、塗り潰してごまかす。

80%
脹脛外周と前腕の曲面の装甲をどう曲げたら良いのか四苦八苦した結果、瞬間接着剤で強行突破。

完成!
…と思いきや脛部の装甲を忘れている事に後日発覚(苦笑)

間に合って良かった…

コメント0件