GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

GX-0293 ルアシスガンダム

GX-0293 ルアシスガンダム

連邦VSジオンコンでなにやろ…ってなった時に脳裏に浮かんだのは、昔思い付いた「お月様繋がりでムーンガンダムとガンダムXをミキシングするムーンXのアイデア」だった。おあつらえむきに当時の自分(高校生)はヨドバシにて勢いでムーンとXのキットを買っていたのだ。!!(゜ロ゜ノ)ノ

思わず心の中で叫んだ。これで決まりだ!…と(cv立木文彦)

ムーンガンダム…月…サテキャ…( ゚д゚)ハッ!月は出ているか!? 「月は出ているかと聞いている!」なノリで思いつきました。
名前の由来は、仮称だったムーンXを、ポルトガル語に訳したものです。月(ルア)とX(シス)でルアシスです。肩にグリーンを差すアイデアは、同じフォースのぱぷりかさんの発案です。

連邦がジオン殲滅の為に画策した”赤い月作戦”の主要兵装であるサテライトキャノンを、打ち捨てられ宇宙を漂流していたムーンガンダムに搭載して、サテライトキャノン試験機として蘇らせたのがこのルアシスガンダムである。という機体設定。

バックショット。サテキャはMSGのフォールディングアームとフレキシブルアームB+αで接続しています。

やがてルアシスはジオン出身の少年の手に渡り、偶然助ける形でニュータイプ研究施設の少女と出会う。失った姉の面影をみた彼女を守る為に、少年は姉を殺した”ガンダム”を駆る中で仲間達と出会い、我が道を走り抜ける。というのはまた別のお話…

連邦が鹵獲したバルギルを元に作られたビームライフル。一撃一撃を安定して撃てるように、威力は本家より少し抑えている。

バタフライ・エッジ
ムーンガンダムが装備していた物を参考に、オールドタイプでもある程度は遠隔ブーメランとして操作出来るように改良が加えられている。

遠隔ブーメランは使い勝手があまり良くないため、オールドタイプの場合は腕に付けた状態でビームの刃を発して格闘用として運用するのがメインとなっている。

背部ビーム砲
高威力かつ折り畳み可能で、背面に向けての狙撃も可能といった取り回しの良さを持つ。取り外しも可。

大型ビームソード&ビーム・トマホーク

サテライトキャノン基部とバックパックに装備された二本のビーム近接兵装。その威力は極めて高く設定されており、MSを両断する程の威力を持つ。また、ビーム・トマホークは出力を調節することでビーム・サーベル、ビームトマホークとしても運用することが出来る。
ポーズはへビア・アルトリスタさんの提案でバトスピのスピリットから。

サテライトキャノン
月から送信されたマイクロウェーブを背部リフレクターに収斂、充填されたエネルギーをダイレクトに放つことが可能で、広範囲を一瞬にして殲滅することが出来る。

ほんの一時でしたが、シグマスライフルよろしく腕に付ける予定もありました。

胸部クリアグリーン、背部リフレクター、サテキャセンサー部、頭部などに、クリアカラーで塗装したホログラムフィニッシュを貼っています。

ルアシスのパイロットさん自身の不幸体質を自虐して、自身を「ラッキーボーイ」と称している。語尾は「~だぜぃ☆」、ツキ(運勢的な意味で)に絡めて話すのが口癖。

外したサイコプレートをどうする問題。勘の良いガキの皆様はお気づきでしょう?

to be continued…?

容疑者は「ムーンとXのミキシング誰もやってないやんけ。だからやるしかないと思った」等と供述しており…

コメント2件

  1. ヨーヨー 4か月前