GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

新作完成しました!(オリ設定注意)

新作完成しました!(オリ設定注意)

お久しぶりです。新作完成したので紹介です。
命名「ガンダムAGE-1 ウェアウルフ」

ここから先、オリ設定注意です・・・

ヴェイガンのノートラム攻防戦、また、連邦首都ブルーシアでの慰霊式典後、地球連邦軍の軍備増強に伴い、新型機開発の為に開発された試験機体の一つ。それが、ガンダムAGE-1 ウェアウルフである。

宇宙空間での隠密戦、接近戦に伴う機体関節の駆動性と機体の安定性、接近戦の性能試験の為に様々な機体の部品を使って開発された。

その為、生産コストはジェノアスやシャルドールと比べると安定してない。試験機体と言った意味合いが強い機体だと言う事が分かりやすい。

射撃武装として、ジェノアスのビームスプレーガンを改良した「ドッズビームガン」がある。銃剣としての使用も可能。威力は通常のドッズガンとほぼ同じである。ビームスプレーガンからの改良だった為、威力の向上にはそこまで繋がらなかった模様。

近接武器として、ビームサーベルを腕部に内蔵している。ゼロ距離での戦闘を想定し、ビームダガーとしての使用も可能である。

また、内蔵してるサーベル内からエネルギーを調整し、ビームガンとしての使用も可能。これはヴェイガン機体のビームガトリングを参考にしたものと思われる。

内蔵しているサーベルは取り出しての使用も可能。長時間の近接戦、消耗戦を想定していた為、近接武器を当時の機体より、多く装備していた。

更に、この機体にはガンダムにあったウェア換装機能を容易に行える様に、右肩に追加武装を取り付けることが可能になってた。近接武器用として開発された「ブレードウェア」が右肩に装備されている。

「ブレードウェア」により、接近戦での性能が向上した。少し離れた相手にも容易に接近戦を挑める事が出来る様になった。

しかし、機体の開発コストが高騰した理由で「ブレードウェア」だけの開発になった。開発案としては、ガンダムAGE-2 ダブルバレットを参考にした射撃用のウェア等、複数の装備も案としては出ていた模様。

この機体の存在はフリット・アスノにも認識され、後々、ガンダムAGE-3に繋がった部分がある。漂流船調査任務後、捜索不明になった特務隊とガンダムAGE-2の部品も使われていた為、機動性も向上し、クランシェの開発、生産にも繋がった。

オリ設定はここまで。ガンダムAGEの世界観で機体を作ってみたかったので満足です(設定適当で雑だと思いますがお許しください・・・)

オリ設定ありますよ~

コメント0件