GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

試作可変型リーオー「スカイキャンサー」

試作可変型リーオー「スカイキャンサー」

リーオーに試作型の空戦機を組み合わせ、完成した機体。
試作機はいわば「空中用キャンサー」とも言うべきモビルスーツとして開発されたが、航続距離と汎用性の低さ、何よりエアリーズという傑作機の存在から量産は見送られた。
しかし当機の堅牢性や攻撃力に着目したオノレバ=フロヌト大尉により、大尉のカスタムリーオーに組み込まれる事になる。
こうして誕生したのが本機、カスタムリーオー「スカイキャンサー」である。

という設定です。以下画像をどうぞ。

モビルスーツ形態。頭部はガンダムタイプに酷似した物に変更されている。
背部に装備された大型ユニットが「スカイキャンサー」である。

という設定で、リーオーにヴァルヴァロを背負わせました。しかしこの発想、やはり先駆者様がおられました……。完成してから知りました( ˙-˙ )

背面。スカイキャンサーはガンダニュウム合金製であり、極めて高い防御力を誇る。しかし極めてコストが高く、量産が見送られた一因となっている。

本体より重いですが、何とかバランスを取れば自立可能です。

取り回しに優れたビームガンを二丁装備。リーオー程度であれば容易く撃破する威力は確保されている。

バインダーガンに、リーオーのビームサーベルを組み合わせて作成しました。

またこのビームガンは、ビームサーベルも兼ねた複合兵装である。武器を持ち替える事無く、素早く射撃から格闘戦へと移行出来る。

なので、銃口にビームサーベルが取り付け可能です。

中間形態。スカイキャンサーで上半身を覆った状態で、突撃力に優れる。この状態で戦闘する事が多い。

アスクレプオスのような形態に変形。最初はこれが目的でした。

先端部には強力なビーム砲を搭載。またガンダニュウム製のシザークローは、挟み潰すだけでなく、打突でも高い威力を発揮する。

アスクレプオスというか、グリープというか。Gユニットは割と好きでした。

背面。ヴァルヴァロはアームアームズで接続しています。

モビルアーマー形態。鹵獲されたガンダムの変形機構を模倣。簡易ながら、堅実な変形である。この状態では空中戦、高速移動を行う。

寝そべり変形です。もうヴァルヴァロでしかありませんね。

背面。いっそ潔く脚丸出しに。

初期はスタンダードなカスタムリーオーでした。

しかしある店舗でヴァルヴァロを発見。暴走が始まりました。

ヴァルヴァロだぞ!\( ˙-˙ )/

コメント2件

  1. 場論クロカゲ 2週間前