GUNSTA

コピーできました!

ガンダム・ウァレフォル
  • 1272
  • 2

ガンダム・ウァレフォル

今回は前回から制作していたオリジナルガンダムフレームが完成したので紹介させてもらいます。
設定
マイク
「む…ここは…」
モニカをかばったマイクは気を失っているうちに漂流してしまい気づいた頃には航路から遠く離れたデブリ帯を漂っていた…
 
「機体は動かないが砲台は生きててよかった、なんとか助けを呼べるか…    ん?あれは…」

マイクはシェルロディに搭載されている
信号弾を打ち挙げ、周辺を見回すと付近に漂っていた旧型の戦艦の残骸が漂っているのを見つけた
 

「いつのものだ?かなり古いな?いつ迎えが来るかも分からんし行ってみるか」

マイクは興味本意で戦艦の中に入っていき探索することにした
艦内の奥に進んで行く内にMS格納庫に行き着き、マイクはそこであるものを見つけた

「こいつは…久しぶりに見たな俺がまだ、ギャラルホルンにいた時以来じゃねぇか
ガンダムフレームなんて…」

そこには現存が確認されていないガンダムフレームがひっそりと立っていた…

ガンダム・ウァレフォル アピールショット1

ガンダム・ウァレフォル アピールショット2

ガンダム・ウァレフォル
厄災戦時に開発されたガンダムの名前を冠する72機の内6機目の機体
現存するガンダムフレームに含まれていないためウァレフォル自体は厄災戦で失われたとされていた
通常のガンダムフレームと比べマニュピレーターが大型化されて脚部も重装甲になっている
ウァレフォルは一見、重装甲に見えるが
汎用性に重点を置いた調整が行われており各種兵装を換装し、あらゆる環境に適応できる可能性を秘めている。

ガンダム・ウァレフォル アピールショット3

ガンダム・ウァレフォル アピールショット4

トンファー
マイク発見時のウァレフォルの基本武装
二対の内、片方はガンダムフレームにも採用されている高純度のレアアロイ製でありもう片方は通常のレアアロイが使用されている
MSに確実にダメージを与えられナノラミネートアーマーはもちろん内部構造まで破壊する質量破壊兵器である

ガンダム・ウァレフォル アピールショット5

一方その頃「ザムスターク」では、ファイブが壱番隊と整備士数人を集め緊急の集会を開いていた
ファイブ
「みんな知っての通り、マイクが行方不明になった。
しかし俺たちはこの積みにを一刻も、早く宇宙港に持っていかねぇといけねぇがチンタラやってるとマイクの命に関わる、だから俺たちは捜索隊と運搬で一時的に別行動するが誰が捜索隊にいく?」
 そう言われた瞬間真っ先に手を上げたのはモニカだった。
 モニカ
「リーダー!私に行かせてください!私のせいでこんな事になったんだ!」


そう言われたファイブは少し笑顔になり
モニカを含む皆に言った
「当たり前だ!だがあそこは海賊の巣が近くにある筈だからきっと奴らも来るだろう
だから戦力もいるな…シェイマス、ジェームスはシェルロディで、モニカもだ出撃準備しとけ輸送艇の準備ができ次第出すからな」
モニカ達は急いで準備をしに行った
 ファイブ
「輸送艇にはマーク、あとアレク、ジャックもだ、特にアレク絶対に感情的になるなよ分かったな」
アレクはファイブの謎の忠告に動揺しつつも輸送艇の準備が整った為マーク達もマイク救出に向かった…

ガンダム・ウァレフォル アピールショット6

ガンダム・ウァレフォル アピールショット7

ウァレフォル.厄災戦時の姿
ウァレフォルのデータベースに残っていた武装しかし現時点で装備している大半が破壊され現存してなく幻の装備となっている

ガンダム・ウァレフォル アピールショット8


パルチザンに似たような形をしているが
刃の根本には強力なEMPの効果を出す機械が取り付けられており攻撃に当たると機体の内部構造が破壊されたとする
主にMAの動きを一時的に止めたりする事ができたらしい。

ガンダム・ウァレフォル アピールショット9

大型の大剣型シールド
MA対策の為製造された高純度レアアロイ製の大剣をシールドに流用された
MAの攻撃をまともにくらっても壊れないが
すごく重い

ガンダム・ウァレフォル アピールショット10

滑空砲
命中率よりも破壊力に重点を置いた武装であるが、射撃兵装を無力化するナノラミネートアーマーの存在もあって対モビルスーツ戦では決定的な打撃を与えるのは難しく、その防御を突き破るにはセンサーや装甲の隙間を狙い撃つか、至近距離からの接射が必要となる。
その為、装備のサイズや単純な威力に反し、専ら遠距離での牽制や相手の姿勢を崩すといった目的で運用される事が多い。

ガンダム・ウァレフォル アピールショット11

対MAレールガン
身の丈を超える大型のレールガン
であり試作型
その名の通りMA用の装備である事から遠距離からの狙撃や大型の標的に用いる事で威力を発揮するが、一方で白兵戦に於ける取り回しが難しい。

ガンダム・ウァレフォル アピールショット12

そして捜索隊は信号弾を発見し、マイクのシェルロディの居場所を掴む事ができた。だがシェルロディの中には誰も居なかった
 マーク
「マイク聞こえるか?応答してくれ.今どこにいる?」
するとマイクの声が近くの残骸から聞こえた
マークはホッとしてマイクのいる残骸に輸送艇に向かおうとした時、
 ジェイマス
「来やがったぞ、ジャンク共だ!!」
その時海賊達が襲撃してきてそこはすぐに戦場とかした
 マークはすぐさまマイクを助け成り行きを聞きつつ戦線離脱しようとしたが敵の数が多くMS3機だけじゃ太刀打ち出来なかった為すぐさま離脱出来なかった
 それを理解した急にアレクはウァレフォルの方に行ってしまった
 マーク
「待て!どこに行く!リーダーの言葉を忘れたか!」
アレク
「大丈夫!アイツらを蹴散らしてくるだけだから」っと言い、聞く耳を持たず行ってしまった。

ガンダム・ウァレフォル アピールショット13

アレクはウァレフォルに乗り込み起動させた
「よし…まだ生きてる。ん?ウァレ…何て読むんだ?まぁいいか…グフ…カハッ…」
するとアレクは急に吐血し呟いた
ウァレフォルか…お前も暴れたいんだな
すると機体がそれに応えるようにものすごい勢いで敵の中に突っ込んで行った

ガンダム・ウァレフォル アピールショット14

ウァレフォルは途中で参加したにも関わらず次々に敵MSを撃破していった
 その行動を見て海賊部隊は撤退して味方に関しては唖然してしまい何も言えなかった
そして仕事を終えたファイブ達の迎えが来てマイクの救出に成功した。
救出した後アレクはウァレフォルの中で気絶しており気が戻ったあと色々な人に質問責めされたが本人は何も覚えていないらしい、そしてウァレフォルはザムスタークで保管されアレク以外動かせなかった為
アレクの乗機となった

ガンダム・ウァレフォル アピールショット15

登場人物説明
アレクサンドル・セナフィエフ
通称「アレク」
モニカと一緒でヒューマンデブリ
阿頼耶識手術を二回受けており海賊にいた時から喧嘩っ早く一度キレると怒りが収まるまで暴れるので海賊達も手をやいていた


ジャック
ヒューマンデブリの少年兵
アレク、モニカと同期


海賊/ジャンク
規格の違うフレームやMSのジャンク同士で作られた機体何故動くのか謎に包まれている

ガンダム・ウァレフォル アピールショット16

塗装前
ベースはリベイクフルシティ、ジャンク、ヴァーチェとなっております


これでザムスタークのお話はお終いです
かなり時間かかったけど設定の構築や改修や改造楽しかったです
ご視聴ありがとうございました

  • サイトの埋め込み
ガンダムフレーム・ウァレフォル

コメント2件

  1. GODAI 1年前
    • @安定 1年前

@安定(@あんてい)と申します。高校生ビルダーです。 主にミキシングしかしませんまだ未熟なところがありますがよろしくお願いします。

  • rating_star35
  • rating_star59
  • rating_star34
  • rating_star48

関連ガンプラ作品

2021年最新作
  • rating_star2
  • rating_star11
  • rating_star14