ユーラヴェンガンダム/コアガンダムⅡ

ユーラヴェンガンダム/コアガンダムⅡ

5月13日発売ユーラヴェンガンダムです。

コアガンダムⅡ単体で 実はコアガンダム系統を触るのはこれが初めてです。恐らくになりますが、コアガンダムと共通パーツは関節(腿のフレームパーツは新規)バックパックとビームサーベル基部です。それ以外はすべて新規造形でした。 また、コアガンダムには無かった腹部に可動箇所があります。
コアガンダムⅡの目玉でもある、コアディフェンサーは機首を取り外し別の位置に取り付け、コアガンダムⅡのバックパックに差し込む形で固定します。
コアガンダムⅡとの大きさ比較です。 見てわかる通りほぼほぼ同じ大きさです。
コアガンダムⅡに被せてコアフライヤーに変形します。ベース穴は通常時の位置にしかないのでベースによっては取り付け不可能です。(ランナーレスのスタンドが付属していて使用可)
ウラヌスアーマー単品で。 今までのプラネッツシステムとは別にプラネッツシステム2という表記のランナーでした。
ユーラヴェンガンダムとして 太腿が延長されており、大型の脚部もしっくり来ています。レッグセンサーユニットは細めのリード線を取り付ける穴が空いていました。 またビームシュートライフルU7も腕部と固定しているため安定しています。
可動域も普通程度なのでライフル両手持ち出来ます。
オープニングポーズを極め手を使って。 かっこよさはコアガンダム系統で一番です。コアガンダムⅡもクリアーパーツが増え、かっこよくなっています。 ここから本音を言います。 まずとにかくコアディフェンサーが重いです。手持ちは無理です。バックパックに接続もただ凹凸を合わせているだけなので直ぐにとれます。はっきり言ってすごいストレスです。今後のアーマーにコアガンダムⅡが付属しないので接着をしてユーラヴェンガンダムそ多々買うか、接着しないでストレスを貯めるかうーんっていう。機首部分も外れやすく、ポロポロ落ちます。 次に腹部の可動箇所です。ここは本当に最悪です。個体差なのかもしれませんが、下半身の重さに耐えきれず持ち上げただけでとれます。自重落下ですね。 後、膝立ちがうまく決まらない。これは不満と言うよりがっかりポイントです。狙撃系のガンダムで膝立ちが決まらないというのがなんとも言えません。 これはコアガンダム系統に共通して言える事らしいですが、肩アーマーがポロポロします。これは上記3つと違って普通に飾っていれば特に問題にはなりませんが、改善はされなかったのかぁって感じです。 ユーラヴェンガンダムでの問題なら良かったのですが、コアガンダムⅡの部分になるとと残りのアーマーでも問題になってくるのでかなり残念です。 評価をつけるなら10点満点中6点ですね。
  • サイトの埋め込み
かっこよくはありますが、それ以上の弱点があります。

コメント2件

  1. x-42 5か月前
    • @koto_vuki 5か月前

関連ガンプラ作品

ユーラヴェンガンダム

数ヶ月前にコアガンダムIIだけ作って放置してましたが、現在プラネッツシ…

hgユーラヴェンガンダム

HGユーラヴェンガンダムを自分なりに蛍光色マシマシで塗装!

SD ユーラヴェンガンダム

ユーラヴェンガンダムをSD化しました。 ウラヌスアーマーを前回投稿した…

ネビュラレイガンダム (コアガンダムII…

自分だけのオリジナルのアーマーを考えてみました。 武装はビームシュート…