GUNSTA

コピーできました!

百式(type M)

百式(type M)

今回はRIVIVE版百式をベースに旧HG版の百式のパーツを使用して、両者の中間的なスタイルになるようにニコイチで製作しました。

百式(type M) アピールショット1

基本的にはホビージャパンに掲載されていたニコイチの作例を参考に製作を進めました。また、フェイスパーツを別の機体に置き換えてオリジナルと異なるデザインにしたため、type Mとしました。

百式(type M) アピールショット2

塗装は主に水性ホビーカラーを使用し、説明書のカラーガイドに沿って塗りました。また塗装禿げを考慮して、関節には塗装していません。

百式(type M) アピールショット3

新HGベースなので柔軟なポーズにも対応できます。

百式(type M) アピールショット4

武器類も問題なく持たせられます。

百式(type M) アピールショット5
百式(type M) アピールショット6

中腰の姿勢も問題なくとれます。

百式(type M) アピールショット9

製作途中の写真は撮っていないため、完成品の写真で解説します。

頭部は新HGを縦横に切断し、1mmずつ幅増ししました。また顔面はオリジナリティを出したかったため、HGバンシィ(ユニコーンモード)のパーツを加工し、移植しました。頭頂部のカメラ部分の周りにもプラ板を貼り、幅増しをしました。

百式(type M) アピールショット10

胸部は縦に切断し、プラ板で2.5mm幅増ししました。襟部分は両サイドを切断し、プラ板で幅増ししてあります。パイプ部分はMSパイプを使用しました。

百式(type M) アピールショット11

バックパックは旧HGを使いました。バーニアは市販品を加工したものを使い、新HGのバインダーを接続するためのジョイントパーツをパテなどで移植しました。

百式(type M) アピールショット12

腰部はフロントスカートとリアスカートを2mmほど延長し、サイドスカートを旧HGから移植しました。

百式(type M) アピールショット13

脚部で手を加えた部分はふくらはぎ前部と足です。それぞれ旧HGのパーツを移植しました。またパーツの移植に合わせてふくらはぎの左右のアーマーも加工し、幅を1mmずつ大きくしました。

百式(type M) アピールショット14

武器類ですが、トリガー部分をそぎ落としてあります。

百式(type M) アピールショット15

ご視聴ありがとうございました。

  • サイトの埋め込み

コメント0件

原作再現を中心に製作しています。

関連ガンプラ作品

  • rating_star34