• 3984
  • 0
  • お気に入り
  • メニュー

パワード・ジム〔サンダーボルト版〕

パワード・ジム〔サンダーボルト版〕

制作時のコンセプトは、
『ムーア同胞団に配備予定の試作MSであるフルアーマーガンダムのシステムや武装などの試験を行うためのテストベッド機体』というイメージです。
パワード・ジムが”ガンダム試作一号機のテストベッド機体”という設定を別の形で活かしたいなと思ったのが制作のきっかけです。

使用キットは・HG パワード・ジム(頭部、胴体、腰部)・HG フルアーマーガンダム(TB)版(腕部、脚部、武装、バックパックなど)です。塗装はエアブラシによる全塗装を行いました。シールド裏をグレーにしておけばよかったと写真を撮るときに思いました。胴体と腕部の接続は無加工ですが、腰部と脚部の接続は加工を行いました。(腰部側に穴を開けて3mm棒を通すことで、脚部と接続できるようにしました。)

使用キットは
・HG パワード・ジム(頭部、胴体、腰部)
・HG フルアーマーガンダム(TB)版(腕部、脚部、武装、バックパックなど)
です。
塗装はエアブラシによる全塗装を行いました。
シールド裏をグレーにしておけばよかったと写真を撮るときに思いました。
胴体と腕部の接続は無加工ですが、腰部と脚部の接続は加工を行いました。
(腰部側に穴を開けて3mm棒を通すことで、脚部と接続できるようにしました。)

胴体とバックパックの接続については、どちらも穴形状のため、当初はネオジム磁石を使用して脱着可能にしようとしたのですが、バックパックの重さに磁石が耐えられず断念。3mm棒と3mm穴の加工をするか迷った挙句、苦渋の策としてプラ用接着剤でくっつけてしまうことにしました。(;´・ω・)

胴体とバックパックの接続については、どちらも穴形状のため、
当初はネオジム磁石を使用して脱着可能にしようとしたのですが、
バックパックの重さに磁石が耐えられず断念。
3mm棒と3mm穴の加工をするか迷った挙句、
苦渋の策としてプラ用接着剤でくっつけてしまうことにしました。
(;´・ω・)

制作中、バックパックがポロリと落ちてしまい、再度接着・乾燥に時間が掛かってしまいました。(おまけに、ぽろっと落ちたのが就寝中だったため、落ちた音で目が覚めて確認したときの絶望感は今となっては味わい深かったなと感じます笑)

制作中、バックパックがポロリと落ちてしまい、
再度接着・乾燥に時間が掛かってしまいました。
(おまけに、ぽろっと落ちたのが就寝中だったため、
落ちた音で目が覚めて確認したときの絶望感は今となっては味わい深かったなと感じます笑)

なので、バックパック無しモードには易々と戻せないのが反省点です。もっとも、今くっついている状態がいつまでもつかは分かりませんが…。

なので、バックパック無しモードには易々と戻せないのが反省点です。
もっとも、今くっついている状態がいつまでもつかは分かりませんが…。

デカールは”RG νガンダム用”、

デカールは”RG νガンダム用”、"RG ガンダムMk-Ⅱ用"を使用しました。
初めて水転写デカールを貼ったのですが、
貼り付け中に千切れたり、シールドのトップコートをサボったせいで触っていたら剥がれたりしたのも反省点です。
途中、デカール貼りすぎて変になってないかと不安に感じることもしばしばあったり。

組み合わせを確認中の時、色合いのせいかバランスがおかしいような感じがしてちょっと不安でした(^▽^;)

組み合わせを確認中の時、色合いのせいかバランスがおかしいような感じがしてちょっと不安でした(^▽^;)

塗装を行い仮組み立てを行った結果、良い感じにまとまった感じがしたので一安心でした。

塗装を行い仮組み立てを行った結果、良い感じにまとまった感じがしたので一安心でした。

コメント