• 1720
  • 4
  • お気に入り
  • メニュー

リバイブザク

少しくせのあるリバイブザクを改修してみました。腰をまるっと06Rに、足首をF2に置き換え。肩位置を上げて上腕短縮、モノアイスリットを少し細くするなど。プレーンなスタイルを目指しました。

デカールワークはちょっと野暮ったい感じを狙ってみました。往年のリアルタイプ的なイメージです。

デカールワークはちょっと野暮ったい感じを狙ってみました。往年のリアルタイプ的なイメージです。

素立ちにおいては、拳の位置も重要な要素と思っており、ザクだと足のつけ根あたり。

素立ちにおいては、拳の位置も重要な要素と思っており、ザクだと足のつけ根あたり。

マシンガンはストックの干渉しないF2のものに。

マシンガンはストックの干渉しないF2のものに。

HGでスパイクアーマーの合わせ目けしから解放されたのは画期的ですね。

HGでスパイクアーマーの合わせ目けしから解放されたのは画期的ですね。

カラーリングは極めてオーソドックスな量産型カラー。

カラーリングは極めてオーソドックスな量産型カラー。

オリジンザクと比較。随分と解釈の違いが出てますね。

オリジンザクと比較。随分と解釈の違いが出てますね。

ビフォーアフター。最後までご覧いただきありがとうございました。

ビフォーアフター。最後までご覧いただきありがとうございました。

くせのあるリバイブ、一見して印象が異なるのを狙ってみました。

コメント

  1. ロートル 4か月前

    10人10色なザクのイメージ。
    普通のザクほど難しいものはないと思いますが、これはかなりノーマルザクのイメージを再現しているなと感じました。
    リバイブ版のクセを完全に消さずにミキシングとして“再利用”されているところが凄いです。
    拳の位置。確かに機種によって僅かな差異がスタイルに影響している感覚はありますね。
    人型ゆえに見逃されがちなのですかね。再現できるできないは別にして、今度から気を配ってみようと思います。

    • kutsu64 4か月前

      コメントありがとうございます。リバイブの長所は残せたと思います。立ち姿には自分なりのこだわりがあって、腕の長いリバイブは要改修でした。

  2. 74120’5 4か月前

    比較すると、オリジン版はまるでRGみたいですね。

6
バイアランCQC

バイアランCQC

バイアランカスタムをご覧のとおり丸腰にしました。CQCとは近…

6
HGUCイフリートナハト

HGUCイフリートナハト

プレバンのイフリートナハトの制作にあたり、忍び的要素を排除し…

7
HGUCバーザム

HGUCバーザム

バーザム A.O.Z RE-BOOT Ver.を制作しました…

7
HGUCジム改

HGUCジム改

ジム改を制作しました。古いキットですが、ジムカスタムの胴体を…