• 408
  • 0
  • お気に入り
  • メニュー

MG トールギスIII-F

ジャンクでMGトールギスIIIを入手出来たので、以前から考えてましたトールギスFとのミックスをしてみました。制作中予想外のトラブルが頻発し、苦労しましたが何とか完成出来て何よりです。

何気に初めてのキャンディー塗装(赤)+パール塗装(翼)ですが割といい感じになりました。カラーですが、ネットでも大体は白と青が中心だったので、今回白と赤のツートンにしてみましたが、思いの外いい感じになりまして満足です。

何気に初めてのキャンディー塗装(赤)+パール塗装(翼)ですが割といい感じになりました。カラーですが、ネットでも大体は白と青が中心だったので、今回白と赤のツートンにしてみましたが、思いの外いい感じになりまして満足です。

後ろから翼を展開。デカい…。左右外側の翼の展開する上部と下部フィン状の羽はクレオスのルビーレッドを使用、その他の羽はクレオスのムーンストーンパールを使用しています。写真だとあまり違いが判らないのが残念…。

後ろから翼を展開。デカい…。左右外側の翼の展開する上部と下部フィン状の羽はクレオスのルビーレッドを使用、その他の羽はクレオスのムーンストーンパールを使用しています。写真だとあまり違いが判らないのが残念…。

頭部とシールドはIIIとFそれぞれ用意してます。なおIIIのシールドのヒートロッドは先端のみ取り付けています。またIIIの頭部は当初アンテナの延長も試しましたがポロリ多発で泣く泣くあきらめています。結果的にはこれでちょうど良かったかなと…。

頭部とシールドはIIIとFそれぞれ用意してます。なおIIIのシールドのヒートロッドは先端のみ取り付けています。またIIIの頭部は当初アンテナの延長も試しましたがポロリ多発で泣く泣くあきらめています。結果的にはこれでちょうど良かったかなと…。

FのヘッドとIIIのシールドに差し替え。これもいい感じです。

FのヘッドとIIIのシールドに差し替え。これもいい感じです。

バストアップ。スジボリ追加などはしていません。また今回デカール類も張り付けせず、丸モールド部にウェーブさんのディティールアップパーツをメタリック塗装し張り付ける程度しかしていません。

バストアップ。スジボリ追加などはしていません。また今回デカール類も張り付けせず、丸モールド部にウェーブさんのディティールアップパーツをメタリック塗装し張り付ける程度しかしていません。

武器3種盛り。真ん中はオプションパーツ敗者の栄光仕様からヒートソードです。ブレード部分にはブレードシルバーを使用、機体のキャンディーに負けない塗装に仕上がりました。またソードは先達のを参考に背中で懸架できるようにしています。先達に感謝を。

武器3種盛り。真ん中はオプションパーツ敗者の栄光仕様からヒートソードです。ブレード部分にはブレードシルバーを使用、機体のキャンディーに負けない塗装に仕上がりました。またソードは先達のを参考に背中で懸架できるようにしています。先達に感謝を。

メガキャノンです。余ったクリアレッドで塗ったコードがいい感じになりました。

メガキャノンです。余ったクリアレッドで塗ったコードがいい感じになりました。

以前作ったMGHi-νと。高さは兎も角、ボリュームは負けてない…。

以前作ったMGHi-νと。高さは兎も角、ボリュームは負けてない…。

制作工程です。当初は肩パーツをそのまま移植予定でしたか、解体中に右肩の武装懸架用パーツが破損するトラブルが…

制作工程です。当初は肩パーツをそのまま移植予定でしたか、解体中に右肩の武装懸架用パーツが破損するトラブルが…

止む無く内側パーツをFから流用しミックスすることに。干渉部を削り、端上部を移植してでっち上げました。

止む無く内側パーツをFから流用しミックスすることに。干渉部を削り、端上部を移植してでっち上げました。

外装パーツなどは表面処理とモールドの一部掘り直し程度で大きな改造はしていません。

外装パーツなどは表面処理とモールドの一部掘り直し程度で大きな改造はしていません。

塗装ですが赤はEXブラック→スターブライトゴールド→プレミアムレッド(クリアー)のキャンディー塗装、翼はEXホワイト→ムーンストーンパール(一部はルビーレッド)のパール塗装です。共に仕上げは光沢クリアを重ね吹きしています。ここはうまくいきましたが…

塗装ですが赤はEXブラック→スターブライトゴールド→プレミアムレッド(クリアー)のキャンディー塗装、翼はEXホワイト→ムーンストーンパール(一部はルビーレッド)のパール塗装です。共に仕上げは光沢クリアを重ね吹きしています。ここはうまくいきましたが…

本体外装のEXホワイト塗装時に塗装ブースのフィルターが目詰まりした結果、吸い込まれなかった塗料が大量に舞い上がってしまい、結果マット仕上げになるトラブルが発生、やむなく本体外装はEXホワイト→半光沢クリアーで仕上げています。こまめな清掃大事ですね。なおその他の塗装は、フレームはメガサフスーパーヘビィのみ、アクセントにメタルレッドやクリアブルー、エナメルのゴールドやシルバーを使用しています。

本体外装のEXホワイト塗装時に塗装ブースのフィルターが目詰まりした結果、吸い込まれなかった塗料が大量に舞い上がってしまい、結果マット仕上げになるトラブルが発生、やむなく本体外装はEXホワイト→半光沢クリアーで仕上げています。こまめな清掃大事ですね。なおその他の塗装は、フレームはメガサフスーパーヘビィのみ、アクセントにメタルレッドやクリアブルー、エナメルのゴールドやシルバーを使用しています。

更に武器類の一部パーツをEXブラック→赤朱鷺色で塗装したところ昔実家で使っていた急須の色そっくりに…。こちらも泣く泣く薄め液で塗装を剥がし、結局1500番の黒サフのみでマット仕上げにしています。

更に武器類の一部パーツをEXブラック→赤朱鷺色で塗装したところ昔実家で使っていた急須の色そっくりに…。こちらも泣く泣く薄め液で塗装を剥がし、結局1500番の黒サフのみでマット仕上げにしています。

塗装後最後の組み立て時、両肩の外側パーツ(写真赤色の半円型です)が干渉して盾は懸架不可、メガキャノンも取り付けると横に張り出した状態になるトラブルが発覚。今回トラブル多過ぎて何度心折れそうになったか…

塗装後最後の組み立て時、両肩の外側パーツ(写真赤色の半円型です)が干渉して盾は懸架不可、メガキャノンも取り付けると横に張り出した状態になるトラブルが発覚。今回トラブル多過ぎて何度心折れそうになったか…

最終的に武器側の取り付けパーツをウェーブの4mmプラ棒を削って調整し作製、何とか完成にこぎつけました。以上です。

最終的に武器側の取り付けパーツをウェーブの4mmプラ棒を削って調整し作製、何とか完成にこぎつけました。以上です。

MG トールギスIII-F

コメント

8
MG Hi-ν ver.ka+HWS

MG Hi-ν ver.ka+…

初投稿です。ネットでHWSをジャンクで手に入り別に確保してい…