GUNSTA

コピーできました!

プロトタイプドム
  • 1896
  • 2

プロトタイプドム

旧キット1/100プロトタイプドムを作成しました。
今回プラ板、パテ以外使用不可のレギュレーションがあり、ほぼキットのまま組んでいます。

プロトタイプドム アピールショット1
プロポーションはキットのままですが、頭部は切り離し内部にモノアイを作成、電飾加工しています。
プロトタイプドム アピールショット2
関節は後ハメ加工し、関節部にはパーマネントマットバーニッシュ(水性ニス)を塗りそのままでは緩い関節部を固めています。
プロトタイプドム アピールショット3
背面
プロトタイプドム アピールショット4
モノアイは上下左右に可動します。
頭部も埋込加工しています。
プロトタイプドム アピールショット5
太ももの接続部の開口部は広げ、腿はキットよりも開くようになりました。
プロトタイプドム アピールショット6
塗装は本体は黒サフ下地にガイアカラーのフロストマットブラック、ブライトレッド、クレオスのライトグレーで塗装。
バックパック、武装、手はタミヤのガンメタリックで塗装。
プロトタイプドム アピールショット7
モノアイシールドはキットのモノアイパーツを型にブリスターパックを切り抜いて作成、スモークグレーで塗装。
プロトタイプドム アピールショット8
デカールが古く劣化していて破れてしまったので、タミヤのシルバー、クレオスの水性カラーの焼鉄色、サンディブラウンでウェザリングしました。
プロトタイプドム アピールショット9
塗装前。
プロトタイプドム アピールショット10
モノアイ基部はプラ板、ポリキャップで作成。
プロトタイプドム アピールショット11
基本塗装完了後
プロトタイプドム アピールショット12
後ハメ加工
プロトタイプドム アピールショット13
股関節、接続部加工
プロトタイプドム アピールショット14
太ももキット状態と加工後の比較。左が加工前、右が加工後、これだけ開くようになりました。
プロトタイプドム アピールショット15
正面から見るとこんな感じになります。
プロトタイプドム アピールショット16
撮影ブースで撮影後バックパックのアンテナが折れて破損したので、100均の縫い針でアンテナ作り直しました。
  • サイトの埋め込み
子供の頃出来なかった塗装やモノアイ電飾を大人になって作る事が出来ました。

コメント2件

  1. @fool_biz 2年前

ガンプラ好きなおっさんです。近頃はジオン系MSを良く作成していますが、ガンダムはどの作品も好きなので色々と作成していきたいと思います。

mizuken(みず…さんがお薦めする作品0件

  • rating_star64
  • rating_star48
  • rating_star50
  • rating_star32

関連ガンプラ作品

  • rating_star33