GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

旧キット ギャン
  • 162
  • rating_star12
  • 0

旧キット ギャン

旧キット 1/144 ギャンを手に入れたので、旧キットの良さを残しつつ、自分なりの格好良さを追求しようと頑張りました。固定モデルで、ラッカー筆塗り仕上げです。

今風のモデル体型も格好良いのですが、ファースト放送当時のような、大河原御大のマッシブな体型を意識して各部を延長。
ランドセルは斜め後方に噴射されるように接着。今川ジャイアントロボの背部ブースターみたいな動き方で、高速戦闘を実現・・・って感じでひとつヨロシク。
右拳。手の甲・小指・親指はキットを流用し、残りの指はランナーとプラ棒で製作。柄が細く貧弱だったビーム剣をスクラッチして大型化した関係で、こうなりました。良い表情を出せたと思います。
大型ビーム剣(この呼び方好きです。)のグラデーションがお気に入り。筆塗りでここまで出来れば大したもんだの自己満足。
左拳。こちらは完成したらあまり見えないので、キットを切り貼りして整形。シールドの持ち手はランナーから流用です。
“機雷とニードルミサイルでの先制面攻撃”という防御。ネットで見た時、眼からウロコでした。ウェザリングが中々キマってると、こちらも自画自賛。
ギャンクリーガーが好きでね。でもそれに寄せすぎると旧キットの良さを無くしてしまうので、このくらいに。
逆にいうと、シンプルなラインだけで格好良くする技術が俺にはまだ足りなかった事の表れです。
素立ちは苦手なのですが、今回は中々に格好良くキマりました。
特徴的な角ですが、芯に(手元にあった)ステンレス線を刺して、人力旋盤加工で作りました。じつは一番強い部位です。
顔はエポパテで裏打ちして、削りまくってます。モノアイとモノアイレールはプラ板で新造。身体は幅を斜めに摘めてます。
右拳。小指の先っちょはランナーでした。ごめんなさい。
・前腕が貧弱すぎるので拡張。
・腹部は寸詰まりだったので延長。
・太股は幅増し。脛との接続部は余裕があったので、凹凸ダボを切り欠いて、脛はそのままの太さ。
このダサいランドセルは本当に悩みましたが、これも旧キットの“らしさ”と自分を言い聞かせ、前後幅増しと、噴射部の整形に留めました。
基本色塗装段階。

旧キットのシンプルラインをどう格好良く表現するのか。削って削って削りまくって、ツラ出ししたつもりでも、この段階では不安で一杯でした。

最中キットは最高だ。生ビールの次に素晴らしい。

コメント0件