• 2992
  • 9
  • お気に入り
  • メニュー

和装 アストレイ

PGのアストレイレッドフレームを漆器風に製作しました。

初めてのPGは制作カロリーが高かったですが、大きいサイズを活かした塗装で楽しく制作できました。

全体像。柄は左肩から右足に向かってバランス良くアシンメトリーに配置しています。金の麻の葉柄&桜もシャドウを落として奥行きがあるように塗装しました。使用塗料黒:EXブラック→EXクリア→研ぎ出し→ウレタンクリア金:スターブライトゴールド赤:ピンクサフ→クレオスあずき色+黒少々

全体像。

柄は左肩から右足に向かってバランス良くアシンメトリーに配置しています。

金の麻の葉柄&桜もシャドウを落として奥行きがあるように塗装しました。

使用塗料

黒:EXブラック→EXクリア→研ぎ出し→ウレタンクリア

金:スターブライトゴールド

赤:ピンクサフ→クレオスあずき色+黒少々

刀もメッキを落とし、EXブラック→1kウレタンクリア×3層→研ぎ出し→ボーンミラー→ウレタンクリアで塗り上げました。刃紋はマスキング後艶消しで再現しています。

刀もメッキを落とし、EXブラック→1kウレタンクリア×3層→研ぎ出し→ボーンミラー→ウレタンクリアで塗り上げました。

刃紋はマスキング後艶消しで再現しています。

脚部付近の柄アップ 

脚部付近の柄アップ

 

胴体、肩のマスキング風景胴体の様にまず桜のマスキングを施してから、麻の葉のマスキングをしました。桜の影を入れたかったので、マスキングを貼る順序を考えながらの作業は骨が折れました笑

胴体、肩のマスキング風景

胴体の様にまず桜のマスキングを施してから、麻の葉のマスキングをしました。

桜の影を入れたかったので、マスキングを貼る順序を考えながらの作業は骨が折れました笑

脚部、鞘のマスキング風景平面の模様を立体に貼るとどうしても辻褄が合わない所が出てくるので、それを上手く繋がってる様に見せるのもかなり考えながらの制作でした。

脚部、鞘のマスキング風景

平面の模様を立体に貼るとどうしても辻褄が合わない所が出てくるので、それを上手く繋がってる様に見せるのもかなり考えながらの制作でした。

コメント

  1. Kaishi-Den 2週間前

    いやはや、言葉にできない凄いものを見せていただきました。

    職人さんの領域ですね。

  2. maverick 2週間前

    すげ〜😄

  3. みやべ 2週間前

    初投稿にも関わらず、沢山のコメントありがとうございます!
    今後の励みになります!

  4. コラボ品でありそうですね!もはや芸術作品です!
    桜柄が鎧っぽく感じます

  5. めっちゃおしゃれ❣️
    和風芸術がアストレイにマッチしていていいものだと思いました!

  6. KTA 2週間前

    素晴らしい塗装!アストレイにむっちゃ似合ってますね。見惚れます。

  7. 2週間前

    めちゃカッコいい!そして美しい!工芸品みたいです!麻の葉マスキング、気が遠くなりそうww 良いねもっと伸びるべき!

  8. ukyo 2週間前

    コレは綺麗ですね。この前輪島に行った時にこういうのやりたいと思ってましたがこの完成度は凄いですね。