GUNSTA

メラミンスポンジ以上の効果、新しい無塗装つや消し方法。
  • 5609
  • 2

メラミンスポンジ以上の効果、新しい無塗装つや消し方法。

以前、リニューアル前のガンスタさんで紹介させて頂いたメラミンスポンジに変わる新しい無塗装つや消しの方法を再投稿させて頂きます。

トップコートさえ出来ない環境でも、誰でも簡単につや消し仕上げが出来る様にと様々なツールを試してみて、これから紹介するアイテムが一番簡単で効果的でしたので、宜しければお試し下さい。

今回、メラミンスポンジに変わって使用するのがこのクロッグフリーソフトと言う、柔らかい不織布シート状の研磨剤です。

3Mなどのスポンジヤスリもありますが、それよりもこちらの方が目が細かくヤスリ目が目立ちません。

番手は♯1200ですが、メーカーサイトを調べた結果どうやらこれ以上細かい物は製造していない様ですので、この#1200をオススメ致します。

中身を取り出しまして、使いやすいサイズにカットします。

ハサミでも切れますが、ヤスリ状の物をハサミで切ると直ぐに刃がダメになるので、カッターナイフでカットする方が良さそうですね。

カットした研磨剤シートをそのまま使用しても良いですし、またはこの様に使い古したメラミンスポンジに巻きつけて使用しても良いと思います。

細かく入り組んだ箇所にはそのまま使用したり、逆に平面を綺麗に磨く場合は写真の様にメラミンスポンジなどに巻きつけて使用たりと、やり易い使用方法を選択する感じですね。

まずは一般的なメラミンスポンジ処理のみとの比較を。上の写真は胸部のみをメラミンスポンジで研磨した物です。

次に、同じく胸部のみに今回のクロッグフリーソフトを使用した例です。

軽く撫でる様に研磨したのち、キムワイプやティッシュなどで粉を落とした後ですが、かなりいい感じにつや消し処理が出来たと思います。

左側の写真はメラミンスポンジのみ、右側の写真は今回のクロッグフリーソフトでやったものです。

こうして比べてみると、メラミンスポンジよりもつや消し具合が良く、リアルタッチマーカーなどのマーカー塗料の乗りもかなり良いと思います。

以上がメラミンスポンジに変わる無塗装つや消し仕上げのご紹介になります。

さらに詳しく記載している当方のブログも御座いますので、お暇でしたらお立ち寄り下さい。
https://blogs.yahoo.co.jp/tokyo_exp_na6_ce/15169488.html

  • サイトの埋め込み
  • 報告する

トップコートが出来ない環境でも、誰でも簡単に出来る無塗装つや消しフィニッシュを研究しております。

コメント2件

  1. 魔獣タヌベロス 1年前
    • Pino 1年前

基本は無塗装の素組みで、トップコートは使いません。塗装する時はガンダムマーカーやタミヤエナメルの筆塗りのみです。

超戦士ガソダム

MGオリジン版ガンダムを使って、ガンダムとジムの中間くらいのを製作して…

魔像ギャン

HGUCのreviveギャンを古の巨像らしく仕上げてみました。 参考に…

MG ジムスナイパーⅡ

過去作ですが、MGのジムスナイパーⅡになります。 全身に筋彫りやプラ板…

ヘルムヴィーゲ・ライツ

ヘルムヴィーゲ・リンカーの軽装備版として製作しました。 とは言っても大…

関連ガンプラ作品

鉄血のオルフェンズ作品投稿コンテスト

ガンダム・バルバトスルプスレクス

未改造の塗装のみです。 配色アレンジちょっと多めです。

MG ブリッツガンダム

いつも通りの成形色を活かして作成しました。 シルバーでのスミ入れ、部分…

MS-07B GOUF

キットは『HGUC 1/144 グフ』(リバイブ版)です。 武装は5連…

RE/100 シャッコー

プレバン限定のRE/100 シャッコーを作成しました。 スミ入れ&部分…