• 8232
  • 0
  • お気に入り
  • メニュー

GAT-X105 ストライク(ストライカーパックセット)

EGストライクに、HGCEストライクのエールストライカー、HGパーフェクトストライクのソードストライカー&ランチャーストライカーを装備させてみました。
バックパック部分はジャンクで購入したRGスカイグラスパーのものを使用しています。

EGストライクの買いやすさもあって、ようやく三形態揃い踏みにできました!今回は無塗装シールなしのパチ組みですが、きちんと仕上げてダガーLに装備させたいところ。

EGストライクの買いやすさもあって、ようやく三形態揃い踏みにできました!
今回は無塗装シールなしのパチ組みですが、きちんと仕上げてダガーLに装備させたいところ。

エールストライカー装備。やはり安定で似合いますね……。

エールストライカー装備。
やはり安定で似合いますね……。

バックショット。HGCEエールストライカーは、なんの問題もなくそのまま装備できますね。できないと困る、という話でもあります。

バックショット。
HGCEエールストライカーは、なんの問題もなくそのまま装備できますね。
できないと困る、という話でもあります。

ランチャーストライカー装備。なんとか両手持ちもできました。

ランチャーストライカー装備。
なんとか両手持ちもできました。

バックショット。RGバックパックはそのまま装備できないので要改造でした。ランチャーとの接続アームも改造が必要なポイント。

バックショット。
RGバックパックはそのまま装備できないので要改造でした。ランチャーとの接続アームも改造が必要なポイント。

ソードストライカー装備。ブーメランは持ち手側が細すぎてそのままではプラプラです。この写真では角になっている部分で持たせて保持しています。

ソードストライカー装備。
ブーメランは持ち手側が細すぎてそのままではプラプラです。この写真では角になっている部分で持たせて保持しています。

バックショット。RGバックパックについてはランチャー同様、要改造でした。左腕のアンカーは3mm棒で接続しているだけ。

バックショット。
RGバックパックについてはランチャー同様、要改造でした。
左腕のアンカーは3mm棒で接続しているだけ。

RGランチャーの改造ポイントです。RGだと背面接続部分が板状になっているので、切り落として3mm棒で接続できるようにしています。また、真ん中のバックパックとアームの接続部分は、RGとHGのパーツをそれぞれ切断して接着した物です。成形色のままでもあまり違和感ないのはありがたかったです。

RGランチャーの改造ポイントです。
RGだと背面接続部分が板状になっているので、切り落として3mm棒で接続できるようにしています。
また、真ん中のバックパックとアームの接続部分は、RGとHGのパーツをそれぞれ切断して接着した物です。成形色のままでもあまり違和感ないのはありがたかったです。

EGストライクで三形態揃い踏み!

コメント

4
MSAM-033 G-アルケイン(30MMを利用した股関節拡張テスト)

MSAM-033 G-アルケイ…

AAA様の作品(https://gumpla.jp/hg/1…

9
ガンダムアッシュ

ガンダムアッシュ

ジャスティスナイトの色合いが好きだったので、ナイト成分を抜い…

5
GNR-101R GNアーバレスタ

GNR-101R GNアーバレ…

最終決戦で中破したGNアーチャーをレストアし、支援機ではなく…

9
RX-139-03D 強襲型ハンブラビ[ハンブラビウム]

RX-139-03D 強襲型ハ…

ハンブラビに小型艦艇用のジェネレーターと大型のスラスターユニ…