GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

コンテスト対象
アタッチメントストライクシュート

アタッチメントストライクシュート

以前作ったアタッチメントストライクガンダムの改修、進化です。久しぶりにガンプラバトルに出たくなり、より強い機体を作るに至りました。

ここから妄想

アタッチメントストライクガンダムの課題だった、「大型の武器を腕、脚以外にマウントできない」つまり、「武器をしまえない」という点を解決し、さらにその解決法がプラマイゼロだけではなく、機動力と攻撃力の向上も兼ねて、プラスに変わる改造を施した。よって、既存の武器に加え新たな武器を携行可能となり、モード変換により機動力も増した正当進化となった。

正面。素体はアタッチメントストライクガンダムのままです。ただ一点、センサー周りだけシンプルになりました。
背面。ダブルオーライザーのシルエットに近づいてしまいましたね。
メイン画像が第3のモードで、スラスターとしての機能の他、ビーム砲としても活躍します。フルバーストォッ!!
ビジュアル的には変更はないですが、"ファンネルとして使えるようになった"というご都合主義的設定変更がなされました。爪が折りたたまれて、拳のようなデザインになり、パズドラのゼラの如く遠距離からパンチをお見舞いできます。
腕と脚の接続部分にセンサが内蔵されている(設定)なので、遠距離キックも可能です。サッカーボールのように、回転蹴りに合わせてファンネルが飛んでいくイメージ。
弓のようにして圧縮したビームを打ち出す技も会得しました。
また、合体することで大型ビーム砲を撃つことができます。
支援機、シュートストライカー。キャノピーが白いのは「塗装技術に自信が無いのにせっかく綺麗な白を汚すリスクを冒してまで重ね塗りしたくないから」ではなく、「無人機だからコクピットから視認する必要が無いから」です。本当です。

コメント0件